元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Computex 2013を雑に拾っていく。その3

もう終わってしまいますが
残り行きます。

CM690-III
型番的にはCM693と表記されている。

追記
画像はAkihabara hermitageからの転載でしたが
画像のみの転載でしたのでリンクを追記します。
viaAkihabara Hermitage


CM693.jpg
内部の詳細な写真はhermitageに掲載してある画像を参照してください。

外装的なデザインに大幅な変更が無いのが嬉しい。

内部は細かい部分がHDDのシャドウベイが全部取り外しが可能になった。
そしてその外した上部のベイを横にスライドさせて縮めて
再固定すると2.5インチのベイになるギミックがあります。

あとボトムの外側にやっと防塵フィルターが付きました。
これはCoolerMasterのその他のモデルではすでに実装されており
このCMシリーズだけが無かったので「やっと付いた」感がある。

あとは外装上部の部分がスライド式の蓋がついた。

また内部水冷に対応するために天井裏の高さが若干広くなって
ラジエーター搭載に更に余裕ができてる。
あとは憶測かもしれないけど
マザーボード設置する板の一番右端に
ネジ穴が縦に並んでるのは
水冷のリザーバータンクを固定するネジ穴かな?と。

あとは右側のパネルがボコっと膨らんでるのは
裏配線スペースを確保する手段だが
これはもうちょっと頑張って欲しかった。
中央部分だけがスペース有ると
配線を中央にだらしなくまとめるしか無い。
綺麗に裏配線する時にいちばんスペースが欲しいのは
端っこの方なのよね~。

ちょっと時間が無いので
ここまでにしておきます。
続きのネタもあるんですが
この記事に追加するか
さらに「その4」を書くかどっちかになるかな。

予定としてはComputexネタをあと少し。



Haswellの購入メリットとかの記事を前々回に書いたので
その別版として
GTX770とか760とからへんはどうなのか?
っていうネタも書いて行きたいと思います。
スポンサーサイト
【 2013/06/08 (Sat) 】 Computex 2013 | TB(0) | CM(2)

Computex 2013を雑に拾っていく。その2

なんかすごい量がでてきたので急遽Computex2013のカテゴリを追加しました。

駆け足でいきます。

antec_001.jpg
antec_002.jpg

Antec
付け焼刃すぎます。
ATXのケースの下にラジエーターのスペースか
追加ストレージのスペース化
なんかしらんけどスペースを追加しただけ。
フロントマスクだけ急遽つくって
上に乗っけただけじゃねえか。

AntecはSoloやP180以降、どんどんダメになっていくね。
Solo2も微妙だしEleven Hundredまあよしとしてシャーシを共通化した
P280なんかはどう見てもシャーシは冷却性重視、外装パネルは静音重視というチグハグ
だったし。
今回のこれもCorsair900DとかCOSMOS2とかの
超大型ケースが出た後に
急ごしらえで作った感があり、技術的な工夫が見当たりません。
完全に後出しジャンケン。
そして負けているという・・・
名前はNineteen Hundred (1900)らしいですよ・・・

ASUS-ROG-Maximus-VI-Formula-Motherboard-Has-CrossChill-Cooling-2.png
はい、出ましたよFormula
前世代でもVRM周りを水冷にできるように
水枕兼ヒートシンクを搭載してきましたが
フィッティングの部分が独自のバーブ(いわゆるネジが切ってなくて
ホースをはめるだけ)で本格水冷ユーザーには見向きもされず
かといって空冷ユーザーには水冷で使わない水枕を
空冷ならヒートシンクとして使うって?舐めてるの?
みたいな感じになって不発に終わった感。

けど今回はフィッティング部分をG1/4の共有規格のネジを切ってきたので
印象は良いかと。が、
このカバーいらねえよ。
別売りで4000円とかで販売されるらしいけど
ショップ泣かせだ。売れ残ったらゴミになる運命なカバー
冷却性?あがらんでしょ。発熱体を覆って風を強制的に循環させるのは
ラックマウント型PCでのスペースの制約上の必要な機構であるけど
ATX、E-ATXであるかぎり強制的に4cmファンなどで排気するのは無駄な騒音源。
今回のROGシリーズはこのカバー(笑)が目玉らしく
冷却性アップや、重量級ビデオカード装着時の強度アップ
とか言ってるけど、完全に見た目をどうにかしたいから付けただけの
おもちゃにしか見えない。

13a.jpg
あ?ん?
子供の頃デパートのおもちゃ売り場で見た!

ROGシリーズは完全に迷走し始めました。
MSIやAsrockのOCマザーの猛追に匙を投げたのか知らんが
見た目をどうにかしようとして
おもちゃになっていく感じ。

Super Flower

44a.jpg
44b.jpg
はい。80PlusのTitaniumグレード。
配信では何度か説明しましたが
実は80Plus規格には
Platinumの更に上位がありまして
Titaniumがあります。
しかしこのグレードがあまり知られていないのは
200Vの規格いわゆるサーバー向けの規格で
一般的なATX電源では無いのです。
それをATX電源として出す模様。
当然日本の一般家庭では100Vなのでその場合は
TitaniumではなくPlatinum規格の効率で動くとのことです。
国内には入ってこなかさそうですね。
ま、Super Flowerな時点で・・・ね。

【 2013/06/05 (Wed) 】 Computex 2013 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。