元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nvidia G-Syncの囲い込みのためにDisplayPort1.2aを除外?

記事にしようか、迷いましたが
元記事のコメント数が100を超えて話題になっていたので書いてみます。

以前このブログでも紹介したNvidiaのG-Sync機能。
ティアリングという症状を解消するためのNvidiaの独自規格の機能。
それが今、話題に・・・

スポンサーサイト
【 2014/09/27 (Sat) 】 PCニュース | TB(0) | CM(5)

Geforce GTX800シリーズの予定とHaswell-Eとか

NVIDIA’s Maxwell Based GeForce GTX 880 and GeForce GTX 870 To Launch in Early October – GeForce GTX 860 Hits Market In Late October

GTX800シリーズの続報。

主に登場時期ですが以下のようになる模様。

GTX880、870→10月前半
GTX860→10月後半

予想価格は
GTX880:$499
GTX870:$399
GTX860:$299近辺←これはソース元の予想。


あ、ちなみに$をそのまま円に換算すると凄い安い感じですが
たいてい、私達が買える状況になるときは
$499x101円=5万円くらい
これに1.5万くらい足して考えましょう。
なので
GTX880は6万5千円くらい。
発売初期は同じ商品でもショップによって数千円の差があるので
7万円くらいを握りしめて買いに行きましょう。


860の情報は今回が初登場になり上位の880、870と同じGM204コアの模様。
それ以外の詳細情報は未定です。

グレード的にはGTX760の後継になるようです。
記事元のソースではGTX660は今後も継続されるようです。
現時点でNvidiaからの公式な発表は一切なく
ここまで出ている情報は各メディアの予想だったり
リーク情報を元にしています。

おそらく、8月に開催されるゲーム系のイベント
Gamescomにて可能性が高いと言われています。


Intel Core i7-5960X De-Lidded: Haswell-E Uses Soldered Thermal Interface Material (TIM)
9月に発売されるHaswell-Eですが
コアとヒートスプレッダは従来のEシリーズと同じ特殊半田になる模様。
Devil's Canyonでは新しいTIMが使用されましたが
EシリーズのTDP140Wの熱量では、半田が継続されるもよう。
Intel-Haswell-E-Core-i7-5960X-De-lid-635x357.jpg

上記の写真はおそらくエンジニアリングサンプルのHaswell-Eと思われる。



【 2014/07/27 (Sun) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)

Haswell-E、RADEON最上位の噂、GTX880?、DDR4とか

この一週間でいろいろ出てきました。

まずはHaswell-Eのリリース日。


Intel Haswell-E and X99 Chipset Release Dates Confirmed – Haswell Refresh Pentium Processors Coming July 20

リリース日:2014年9月14日
モデル:Core i7-5960X、Core i7-5930K、Core i7-5820K

Has-E.jpg
リリース日が発売日とは限りませんが、年末ではなく9月中にはでてきそうです。
また今回からEシリーズとしては珍しく、3グレードの展開で、一番下の5820Kは
4コアではなく、6コアで出す模様。
値段は未発表ですが$400代といわれ、現行の4820Kの価格プラス30%程度という話もでています。
5930Kも6コアですが、5820KはPCI-Expressのレーンが28レーン(16x1+8x1+4x1)となり
この部分で差別化をしていると思われます。
ソケットはLGA2011-3となり現行のX79のLGA2011とは互換性はありません。

新世代のDDR4メモリがついに発売、8GB×2枚で実売3.6万円
via Impress
DDR4が発売されました。
現時点で搭載できるマザーボードが存在しないのでアレですが。
今回発売したメーカーはSanMax製で1枚あたり8GBのモジュール
値段は
8GBx2枚セット:3万6000円
8GBx4枚セット:7万円
という価格。
もちろんこの価格が対応のHaswell-Eまで継続されるかは不明ですが
Haswell-EのX99環境では4枚組での仕様が前提なので
メモリ代だけで7万円程度はかかります。
値下げが入る可能性が大いにありますが3万円以下にはならないかと・・・

DDR4についてはDDR3に比べて2倍の転送速度になります。が
規格としては4種類
2,133Mbps、2,400Mbps、2,666Mbps、3,200Mbps
今回は2133Mbpsの製品が出てきました。
クロックとしては倍の速度ではありませんが
DDR4ではバンクグループという技術を導入しメモリセルをDDR3より細かくグループ化にし
倍の速度でアクセスするという方法が採用されています。
このバンクグループに対して倍の速度でアクセスするということで
「DDR4はDDR3より2倍の転送速度」と謳われています。
ココらへんは複雑な技術のかたまりなので
DDR4にしたからといってDDR3の倍、速くなるぜーとは
いかなさそうです。メモリのクロックもそうですが
DDR3のどの規格と比較してメモリベンチマークを計測した結果
どの程度の高速になったかという、実用的なベンチがでるまでは
自作erレベルでは優劣もクソもないと思われます。

NVIDIA GeForce GTX 880 and GTX 870 coming this fall
Geforceの次期モデルの話
ソース元ではNvidiaがテストセンターのあるインドへのテストキットの
インボイスの情報を元に記事を書いています。
上記のソースを含め
GTX880、870グレードのカードが今年の10~11月程度に登場すると予想しています。
ただし、880,870はプロセスルールとしては現行と同じ28nmになり
内部のアーキテクチャだけMaxwellになる模様。
ソース元ではVRAMに8GBと書いてありますがおそらく
テストキットレベルなのでMaxwell世代上の最大積載容量での8GBであって
おそらく880,870であれば半分の4GBを搭載してくると思われます。

20nmのプロセスルールを採用したグレードはハイエンドからになり
おそらくモデルナンバーも980シリーズとなると思われます。
発売時期は多くのサイトでは来年初頭と言われています。
Maxwellの最大積載容量の8GBはこのグレードで搭載されると思われますが
8GBモデルは最上位のみなど1~2モデルに限定されると予想。

RADEON 290Xの更に上 295X?
Confirmed: AMD to launch Hawaii XTX GPU


ということで以前にも触れた夏頃に最上位のRADEONが出るという話。
290シリーズが採用しているHawaii XTコアは実はシェーダーユニットの数が4つ無効化されており
フルスペックではないと言われています。
今回はその無効化されたコアを有効化したHawaii XTXというバージョンを出す予定
hwxtx.jpg
このスペックが確定だとすればGeforce 780Ti Titan Blackを超えることになり
AMDはこれを夏頃に投入してくる予定。
価格は未発表だが780Tiをライバルに設定するからには
充分に戦える価格設定にしてくるはず。










【 2014/06/24 (Tue) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)

COMPUTEX 2014 No,2

さて、続編。

まずはこちら。
Intel Devile's Canyon(略してDC)の発売日が
9月と言われていましたが、今月中に出荷される模様。
COMPUTEX2014で発表された情報によると6月14日に出荷開始みたいです。
Devils-Canyon-1024x504.png
この情報のあとに国内でもツクモがDCの予約を開始。
入荷日は「近日中」となっていますが
今月中には出てきそうですね。
IntelのOC向けCPU「Devil's Canyon」がツクモで予約開始
値段も4万行くかな?と思ったけど予価の時点で3万6千円(4790K)とマシな価格。
ちなみに会場ではDCを使ったIntel主催のOC大会が開催され
MSIチームはDCを殻割り状態で使用していたらしく
その時の殻割り状態の写真。↓
19.jpg
記事元では殻割り状態であったけど
あたらしいTIM(熱対策)がどういったものなのかは
確認できなかったらしい。



X99マザーのプロトタイプが各社から。
MSI
56a.jpg

EVGA
EVGA_X99_MB_Computex_2014_01.jpg

Asrock
ASRock-X99-Extreme-6.jpg


これに合わせてDDR4メモリも各社から

Crucial_Ballistix_Elite_DDR4_01.jpg
63b.jpg
62a.jpg
47a.jpg


【 2014/06/04 (Wed) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)

Devil's CanyonはZ87シリーズでも動くみたい。

Motherboard Manufacturer’s May Allow Intel’s Devil’s Canyon CPU Support on Z87 Motherboards

というわけで、またサボっていました。
上記の記事のとおり、Devil's Canyon(長いのでDCとでも略しましょうかね。)がZ87マザーでも動作するとのことです。
ただ、発売時期は9月になるそうで。
6月はComputex2014があり、DCはそこで発表のみ行うみたいです。

一方、エンスー向けのHaswell-Eの情報では
今までのEシリーズのラインナップでは
下から
4コア-6コア-6コア(高クロック高キャッシュ)
みたいなラインナップでしたが
Haswell-Eからは
6コア(低クロック、PCI-Exp削減)-6コア-8コア
とかいう噂も流れています。

末っ子のモデルは$350近辺という話も流れていますが。
Eシリーズで3万円代で6コアのCPUを出してしまうと
9月にでるDCが思いっきり喰われそうな気がします。

発売時期は未定ですが
DCとは被らないように年末の商戦期に投入してくるかと思われます。
あとはDDR4採用の初のプラットホームになるので
メモリとのタイミングも合わせないといけません。

AMD Launches a Mysterious Countdown Timer for a Possible New Architecture, GPU or Product
あとAMDがComputex2014にあわせて何か発表をする模様。
290Xを超えると言われているハイエンドカードなのか
APUなのかはわかりませんが、楽しみですね。

Q:バイヤーは「Watch Dog」買うの?
A:500円位なら買います。町中を車で暴走したり、一般市民を殴ったりしても
楽しいとは思わないし、1時間もしたら飽きてしまいそう。
そんなことより面白いストーリーがないと、ゲームとして成り立たないでしょう。
既にMeta Scoreでのプレイヤー評価は惨憺たる事になっていますが・・・

Q:バイヤーはHaswell-E買うの?
A:お金無いです。
あったとしてもCPU、マザー、メモリで20万~30万とかするので
買えません。
たとえお金があったとしても、現行のPCで満足してるので
マウンテンバイクなどに使っちゃいそうです。
【 2014/05/30 (Fri) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。