元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Geforce GTX780Ti のスペックがリーク GK110フル実装か?

GTX 780 Ti Specifications Leaked – Full Blown Gk110 Core with 2880 SP
via WCCF tech

gtx-780-ti-specifications.jpg

まあソースとしては怪しいかもしれんけど・・・

SP数が2880基となっておりTitanの2688より増加。
これは元々GK110ではSMX1つあたりに192基搭載されており
GK110ではSMXを15基実装できる。
Titanでは14基を実装しており、1基だけ無効化されていた。

780Tiでは15基全てを有効化し
SP数192基xSMX15基で2880という数値になっている。

GPUクロックはTitanよりも高速で
デフォルトクロックが902Mhz(Titanは837Mhz)
ブーストクロックが1033Mhz(Titanは876Mhz)
と大幅に向上している。

VRAMに関しては容量はTitanの6GBに対して半分の3GBととなる。
メモリクロックに関しては770で搭載されているものと同様で
7Ghzに達する。

容量に関して3GBになったが
これは性能には影響しない。
現状では6GBも必要な環境はゲームでは無いに等しい。
4K2K環境でさえ3GBを超えることはない。
ゲームでもベンチマークでも3GBと6GBでスコアには影響はしない。

無駄に6GBのVRAMを実装してコストと消費電力をあげるより
3GBにして、その分の余力をGPUに回していると考えられる。


Geforce GTX780Ti
発表日時 2013年11月7日
価格 US$699.00


この情報が事実であれば
Titanは780Tiと置換えになり終了になる可能性が高い。

ただNvidiaにとってはこの価格は
赤字であり、AMDへの執念が伺える。

11月7日に発表なので発売はそれ以降になり
発表が一ヶ月以上前であればガセネタの可能性が高いが
現時点で出てくる情報は発表まで一週間を切っているので
発表が近づくに連れ、情報の信憑性は高くなってくる。
スポンサーサイト
【 2013/10/31 (Thu) 】 速報!! | TB(0) | CM(1)
プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。