元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メモリ価格は現状維持&タイの洪水でHDD生産に影響

DRAM contract prices stable in 1H October

9月の第3週に一瞬の急上昇を見せたメモリの仕入れ価格だが
その後9月~10月現時点まで、再び上昇分を相殺する程度の下落を見せている。

業界では今月、来月まではこの水準が維持されると見ている。
今年は2GBモジュールが中心だった(自作PCでは4GBモジュール人気だが
メーカーPC市場では2GBモジュールx2が主流)年末から来年~は
4GBモジュールの需要が多くなり、主流になっていくと予想されている。

もう一つ
現在タイでは50年に一度の豪雨で、洪水の被害が拡大している。
現地にはHDDメーカーの工場、HGST、WD、東芝、やHDDの中のモーターや基板のメーカー
も同エリアに生産工場を設けており、浸水や停電などで生産が中断されている模様。
完全復旧までには6週間以上かかると見ており
各メーカーは在庫の再編をし、年末の四半期のために在庫の積み上げを行なっている。

WDは前四半期のHDDの出荷量の50%を占めており、今回のタイの被害に対しては
もう一つのマレーシアの工場の生産数をあげて対応するとのこと。

考察
自作PC市場にも少なからず影響はあるかもしれませんね。
在庫が少なくなれば、仕入れ価格も上がるのでちょっと心配です。
スポンサーサイト
【 2011/10/13 (Thu) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。