元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Seasonicから1000Wのプラチナム電源が登場

Seasonicから860Wと1000Wのプラチナム電源が登場

今年の3月頃のCeBITにてサンプル展示された電源の出荷が始まった模様
11月に入ってから海外のPCパーツレビューサイトにてレビューされている。

1319858948DUWllOiWGy_1_1.jpg

80Plus認証でのPlatinum電源は他社から幾つかでているが
Seasonicから初めてのPlatinum電源となる。

詳細は各レビューサイトを見ていただきたい。

公式商品サイト

海外レビューサイトによるレビュー

SS8601000.jpg
商品販促用のチラシ(フライヤー)クリックで拡大します。

商品の特徴を箇条書きにすると、

・80Plus認証でPlatinumを取得する超高効率性能
・Seasonic DCコネクターとVRMを内蔵
・DC/DCコンバーター搭載
・Seasonic独自のファンコントローラー搭載(特許出願中)
・山洋電機のSan Aceシリーズの静音ファン搭載
・高分子アルミ固体電解コンデンサ
・105度耐性クラスのコンデンサ
・電圧許容幅±2%を実現
・アクティブPFCは99%
・高出力の+12V
・高電流金メッキ端子
・表裏構造の基板を採用
・高いエアーベンチレーション
・フルモジュラー式のケーブル
・マルチGPUにも対応
・All in one DC Cabling Design
・着脱しやすいケーブルコネクタ
・世界共通AC規格
・7年間のメーカー保証


私自信は電源の中身の写真を見て、詳しく解説できるわではないが
保護回路のICチップ群やメイン基板のハンダ加工はとても綺麗。

DSCF4293.jpg
ファンは山陽電気のAce Fanシリーズ
このファンはファンコンモードとノーマルモードを背面スイッチで切り替えられる。



DSCF4295.jpg
いろいろな電源の中身を見たことがありますが
とても綺麗な部材配置だと思います。



DSCF4301.jpg
裏のハンダも、とても綺麗。



DSCF4314.jpg
これは保護回路用に設けられた基板で保護回路は専用のICチップが行う。
PS232FというICチップが搭載され、これ単体で6chをモニタリングし
異常な電流や電圧などを検知しデバイスの保護を行う。
安物で粗悪な電源はこういったICチップを使わず昔ながらの
ヒューズなどを使用してたりする。



DSCF4316.jpg
使用されるコンデンサは全て日本ケミコンの105度耐性品
コンデンサの手前にはCM6901 PWMコントローラーが搭載されている。

日本でもいずれ販売されるはずだが
代理店のオウルテックがまたブランド料か知らんが高く出してきそう。
ちなみに海外での価格はUS$264.99
円高の今、単純に為替レートすれば2万円ジャストな感じだが
オウルテックの性質からみて5年間の即時交換保証をつけて
2万後半で出してきそうな気はする。29800円という暴挙もあり得るかもしれない。



スポンサーサイト
【 2011/11/22 (Tue) 】 PCニュース | TB(0) | CM(1)
.
うぬさんとか詳しそうですねw
ヒューズの代わりに結構部品が多い制御回路がついてるんですね~凄いです。

関係ないですがgoogleで「元b」と検索入れたら候補に元バイヤーという文字があって驚きましたw
【 2011/11/24 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。