元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IvyのES品でPCI-Express3.0の表記が確認される。

Intel Ivy Bridge 22nm “Core i5-3470″ Exposed, Features PCIe Gen 3 Compatibility with MSI H61M-P31 (G3) Motherboard

Sandy-Eで搭載されなかったPCI-Express3.0(以下PCI-Ex3.0)
が現時点で一部関係者に配布されているIvy Bridgeのエンジニアリングサンプル品(ES品)
にてPCI-Ex3.0の表記が確認された。
動作確認に使用されたマザーはMSI H61M-P31(G3)
ビデオカードはHD7970

4bdb507de6e0d58bd72dfaf31123a48c.png


ES品での確認であるため製品版でどうなるかはわからないが
Sandyの時、2011年1月~にはマザー側の対応とビデオカードの市場が停滞(32nmプロセスのスキップ)
しており3.0を迎え入れる市場環境が整っていなかったと言える。

 そしてここに来て各マザーメーカーは、現行のZ68,P,H67、H61を今年終盤から3.0に対応させ
ビデオカードもHD7970が発売され、これから出てくる28nm世代のカードは3.0に対応するので
市場環境が整っており、IvyでのPCI-Express3.0の投入を辞める理由はない。
強いて言えばハイエンド層のSandy-Eが2.0なのにミドル層のIvyが先に3.0対応と
言うグレードによるスペック差であろう。
ただし、Sandy-Eに関してはBIOS更新で対応してくる可能性もある。


一つ注意しておきたいのは
HD7970でも2.0と3.0のスコア差は誤差レベル(2%以下)であり
28nmの第一世代カードでは実質的なアドバンテージは皆無と言っていい。
しかしマザーボードメーカーはSandyと大して変わらない
Z77,75シリーズのマザーを売るために、
数少ない、Z6X世代との新要素を、過剰に宣伝して新製品に備えないといけない。
というマザーボードのマーケティング視点になった観点も考慮しなければいけない。

スポンサーサイト
【 2012/01/23 (Mon) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。