元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nvidia GK104 Keplerの基盤写真がリーク

GK104 PCB Pictured in Full
via Tech Power

GK104 Keplerが公開された。
おそらく、GeForce GTX670Tiだと思われる。

12122a.jpg

実際にGPUが実装されたこの写真はこれが初めてた。
補助電源は8+6が2段重ねになっているのが従来と違う。
20b.jpg
この画像は数日前にリークされて6+6の二段重ね。
基板のパターンをよくみると下段は8ピンにも対応する。
さらにどの右側の空きパターンに6ピンのパターンも見える。
補助電源だけで8+6二段重と6ピンの3コネクタが搭載可能になる。
この事から、この基板は680などの他のグレードにも採用される可能性が高い。

またメモリは256bitのモジュールが合計8枚(裏側が見えないのが)のっておりVRAM容量は合計2GBになる。
基板の右側の下部に横に並ぶのはVRMで、従来の580は縦に実装されていたのが今回は
横に実装されている。
またGPUダイのサイズもグリスで覆われているが、従来のものより小さくなっている模様。
全面ヒートスプレッダではなくダイがむき出しになっているのも前モデルと違う。

670Tiの補助電源が6x2であれば150W程度のTDPであろう。
しかし、その上の670,680で空きパターンの補助電源コネクタが必須になれば
TDP375まで対応する
ちなみにGTX580のTDPは244Wだ。

TDPはそのまま発熱に直結するといっていい。
一枚あたり300Wを超えるのはDual GPUのGTX590並になる。

この補助電源コネクタはグレードやVGAメーカーによって
2段重ねタイプを採用するか、従来の並列タイプを採用するか
クーラーの設計に柔軟性をもたせていると思われる。
スポンサーサイト
【 2012/03/03 (Sat) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。