元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週の3月22日に発売されるGTX680の概要

今週いきなり発売が決定されたGTX680。

Geforce-Kepler-Gk104-GTX670Ti-635x423.jpg

秋葉原の初回入荷の予想価格は65,000円と非常に高い。
ちなみに海外PCニュースで報じられている価格はUS$550~559.00となっている。
現時点で為替レートが83円近辺。単純換算すると46,000円。
65,000円という高値は、初回入荷数がとても少ないことを物語っています。
この価格は680が潤沢に出回ってくれば5万円以下で出てくるかと思われます。

ただ価格だけ見るとハイエンドクラスに思えますが、
少なくとも、私個人の見解としてはGTX680はハイエンドでは無いと思います。

概略的なスペック見ても
VRAMの容量が2GBでしかも256bitが採用されている。
TDPが200W以下である。
基盤の補助電源のパターンには6ピンx2と8ピンx1のパターンがあるが
実装されてるのは6ピンx2のコネクタのみ。

ハイエンドであれば200W以上が供給可能な基盤を使っているのに
空きパターンがあり、更に電源的な余裕があるのにスペックが抑えられてるということ
通常VRAMもハイエンドであれば3GB~4GBを狙ってくるはずだが256bitチップという点も
ハイエンドではないことがわかる。

ただし現時点で報じられてるベンチマークなどを見ると
RADEONのHD7970を3割程度上回っているらしい。
実際エンドユーザーがベンチをとるまで怪しいが、発売一週間前なので
ガセではなさそう。

TDP200W以下は基本的にミドルレンジクラスの消費電力だが
そのワットパフォーマンスでRADEONのハイエンドを抜くのは
消費電力で遅れをとってきたNvidiaを使ってきたユーザーには
驚きであろう。

ただし、未だにはっきりしないのが、このカードを
グレード別にわけたときにハイ、ミドル、ローのどこにいるのかが、とてもわかりにくい。
値段的に見ればハイグレードになり
消費電力TDPで見ればミドルグレードになる。
またモデルナンバーという680という数値で見ると580の後継と見れるのでハイグレードになる。
開発コードで見ればGK104なのでミドルグレードになる。

Nvidiaは過去に、投資家向けの資料にロードマップを載せており
そのロードマップによると

GK112
GK110
GK104、GK105
GK106
GK107
という開発コード
があり
ハイエンドはGK110、112となっている。

ちなみにGK110は第二四半期後半と言われており、おそらく6月のCOMPUTEX
近辺を目標にしてると思われる。
私見で全くの予想になるが

Kepleryosou.jpg
タイプするのがめんどうなのでペンタブで書いておきました。
こんな感じになりそう。








スポンサーサイト
【 2012/03/20 (Tue) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(1)
GK110のスペック―550mm2の巨大ダイになる?

バイヤーさんの予想通り

http://goo.gl/6ARbO
【 2012/03/22 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。