元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Windows7 Ultimate、Professional、Home premiumの違い

本日は、私の配信でも質問がかなり多い
Windows7の各バージョンの違いを解説します。
Windows7は現在エンドユーザー向けに3つのバージョン(本当は他にもあるけど割愛)があります。

それぞれ
・Ultimate
・Professional
・Home premium

文中ではUlti、Pro、Homeと略します。

まずは各バージョンで、「有り、無し」の機能を御覧ください。

winsized.jpg

各機能を解説します。
・Windows XPモード
ビジネスソフトをWindows7上で実行する機能。
初心者はこの機能を勘違いして、Proを購入する場合が多い。
まず第一にこのXPモードではゲームは起動しない。
また過去XP時代に使えてたほとんどのソフトはHomeでもほとんど確実に動作します。
この機能は一般のホームユーザーでは、まず必要がない。
XPモードは以下のユーザーに向いている。
・会社の独自アプリがXP仕様になっており、会社から7での動作保証がされていない。
・プログラムやソフトウェアを開発する人がXP環境での動作確認をする場合。
上記の二点に該当しない人はXPモードは不要と言い切っていいでしょう。

またHome premiumでも7で動かないアプリを過去のWindows環境で実行するモードがあります。
やり方はソフトの実行ファイル(exeファイルなど)を右クリック→プロパティ
→互換性のタブ
gokan.jpg
大抵はこの互換での起動で動作します。
この機能はHome premiumでも使用できます。

・ドメイン参加
これを見て「ドメインってなに?」って思う人はProfessionalは必要ありません。
ドメインとは企業内ネットワークで独自にドメインという機能を使って
独自のイントラネットを構築してるネットワークの事です。
比較的、大規模な会社ではこのネットワークに参加するためにProfessionalがクライアントPCに
使われています。
・自宅から会社のイントラネットに接続してドメインサービスを使うユーザー
基本的に会社のデータを自宅で取り扱うレベルの人は、その会社のネットワーク管理者から
「自宅作業をする際の注意点」としてレクチャーを受けてるはずです。
ドメインは全ての会社が使ってるものではなく、SOHOや中小企業の
小規模、一般家庭のLANのネットワークではほとんどドメインサービスではなく
Work Groupeサービスを使っているはずです。その場合はHomeでも問題なくアクセスできます。

・ネットワークバックアップ

ここで言う、バックアップはWindowsの全てのバージョンで使える「バックアップと復元」
を指します。このバックアップしたデータをネットワークにバックアップできる機能が
その名のとおりネットワークバックアップになります。
これは、数台レベルのネットワークではなく数十台、数百台レベルのクライアントを抱える
ネットワークの対象の機能です。簡単に言うとネットワークサーバにバックアップデータを
保管しておくことにより、遠隔操作でたくさんのクライアントPCの復元を
簡単に実行できます。この機能もまずホームユーザーでは不要です。

・Bit Locker
この機能はUltimateにしか有りません。
これらは従来のデータ単体の暗号化ではなく、ドライブ全体を暗号化する機能で
USBフラッシュメモリや外付けHDDで使われます。
これもホームユーザーは不要です。





サポート期間の違い

各バージョンのサポート期間
2015年1月13日まで。
・Windows 7 Ultimate
・Windows 7 Home Premium

サポート期間の延期がありました。
詳細は下記。

2020年1月14日まで。

・Windows 7 Professional
・Windows 7 Enterprise(企業向け)
よくこれでProのほうが5年間サポート期間長いので
Proを選択する人が多いですがHomeやUltiでもセキュリティに関する
パッチやWindows Updateなど安全性に関わるアップデートは
ProとEnterpriseのサービス終了するまでは提供されます。

ProとEnterpriseだけ5年長いのは企業向けのネットワークセキュリティや
独自のサービスがあるため、その部分はビジネス向けなので長くサポートされます。
逆に言えば、HomeやUltiにはビジネス向けのサービスが実装されてないので
その必要が無いのです。

Blogを見てくれた方からコメント欄にて、このサポート期間を
日本マイクロソフトに問い合せて確認された方がコメントをくれましたので
そちらのほうが情報の精度が高いので、本記事のサポート期間の部分を修正させて頂きます。



MSからの返答をそのままこちらに記載します。
suppoerkikan.jpg


現状ではセキュリテイアップデートも期間後に提供されることはない。
ということです。ただ、XPや過去の経緯、また原文の中にも
「※状況に応じて、延長される場合がございます。」と書かれているので
エンドユーザーレベルではサポート期間を、少なくても私の感覚では気にしなくて良いと思いました。


コメントしていただいた、やまーだ様、ありがとうございました。
これからはもう少し精度を上げていきたいと思います。



※2月にマイクロソフトから
Windows7の全製品は
Home Premium、Ultimateも
2020年1月14日までサポート延長になりました。

詳しくはコチラのMS公式のページに書いてあります。









搭載できるメモリ容量の限界の違い。
32bit版はHome、Pro、Ultimateに関わらず3~4GB以上は認識しません。
64bit版は
Home Premium:最大16GB
Professional:最大192GB
Ultimate:最大192GB
になります。
まあ、一般用途では16GBもあれば充分ですね。

またHomeとProのDSP版の値段差が3000~4000円程度などでProにする人もいますが
3000~4000円あればメモリをさらに6GB増設できたり高価なOCメモリにしたり
マザーボードのグレードを上位グレードにしたりできます。
そっちのほうが断然利口です。

ぶっちゃけ、ただ名前がかっこいいだけでUltiやProを使っていて
PCのパーツグレードがハイエンドではない人は
情弱と思っています^^


次はDSP版と製品版の違い。
DSP版の購入方法の解説を書こうかなと思っています。
スポンサーサイト
【 2011/07/17 (Sun) 】 よくある質問集 | TB(0) | CM(5)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2011/07/20 】 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2011/07/20 】 [ 編集 ]
Re: No title
> Proのサポート期間中であれば、Homeでも更新プログラム(安全性に関わるアップデート)を受けれると書いてありますが、当方で日本マイクロソフト社に問い合わせたところ、以下URLに添付されている画像のように回答を得ました。
>
> http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1809420.jpg.html
> 00005
>
> この回答を見る限り、先にあげた本記事の内容と相違する点がございますが、相違点についてどのようにお考えでしょうか?

>>やまーださん
コメントありがとうございます。
またMSへの問い合わせの件もありがとうございます。
以前、7発売時に海外記事で今回の記事と同様の記事を見たのですが
再度ソースを確認しようとしましたが記事が見つかりませんでした。

現時点で最新のソースは、やまーだ様のMSからの返答が確度が高いと感じましたので
記事を修正させて頂きます。
【 2011/07/20 】 [ 編集 ]
No title
早速の修正ありがとうございます。
可能な限り、こういった記事についてはソースを挙げていただけると、閲覧している側とってもありがたいです。

今後ともよろしくお願いします。


【 2011/07/20 】 [ 編集 ]
Win7 Pro のXP互換モード
Windows 7 Pro 移行の XP互換モードは、仮想マシンですから、
上手に使用することにより、XP互換モード自体をバックアップを
取ることによって、ある程度重要なインストールデータを
バックアップすることが容易にできたり、
(ただし、バックアップする必要のあるフォルダが複数ある)

また、他のライセンスを用いて、別の仮想PCを作るよりも
かなりシームレスに物理マシンと仮想マシン上でファイルの
やりとりがしやすいのが利点です。

その他、IEの他バージョンの動作確認が出来たりする用途にも
使えます。

一般個人の利用(ネットサーフィン、動画鑑賞、
メール、ゲーム)を想定しているわけではないので、
特には関係ありませんね。

しいていえば、このXP互換モードを使用して、ゲームが
動かないどころか、
2Dベースのオンラインゲームが正常に起動できたとしても、
仮想マシンからの実行や多重実行が、
規約違反になってしまうことがありますから。

とはいえ、実際、Windows XP のライセンスを元々
多数持っていた為、全体的なパフォーマンスの悪さから
私はXP互換モードを捨ててしまい、
VirtualBox に完全移行してしまいました><

でも、将来のWindows に移行しようとは今全く
考えていませんが、サポート期間が長いのは
重宝です。
【 2011/09/26 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。