元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Windowsのリテールパッケージ版とDSP版の違い

前記事の最後に記した通り、ここではWindowsのリテール版とDSP版の違いを説明します。

windows7dsp.jpg


簡単に分類しますと下記のようになります。

・リテール版(パッケージ版とも言われます)
これは家電量販店やPCソフトを販売しているところで買えます。

・OEM版
DSP版と混同されますが、ライセンス的に言うと厳密には違います。
OEM版はPC本体にライセンスがついてるものです。
メーカー製のデスクトップやノートPCにインストールされているものが、これに当たります。
単品販売は不可能でPC本体とバンドルされています。

・DSP版
自作PCユーザーが好んで使うのがこれです。DSP版はPC本体ではなく
PCに使われるパーツに対してライセンスが付与されます。
基本的に単品販売は不可能で、マイクロソフトが指定した
特定のパーツと共にバンドル販売されます。

他にもボリュームライセンスの中のビジネスアグリーメント、スクールアグリーメントなども存在します。
上記アグリーメント版は個人での購入ではなく、所属する企業、学校側が企業内で使用される
PCに。学校であれば学生に対し、ライセンスが付与されます。

各版での機能的な差はあるか?
各版でのWindowsの機能差はありません。DSP版だからといって
製品版より劣ることはありません。中身はみんな同じです。

ライセンスの違いによる制限
・リテール版
これは購入者に付与されるライセンス。
個人に付与されるので、複数のPCには使えないが、
古くなったPCからアンインストールし新しいPCにインストールして使用することが可能である。
PC側が壊れようが、個人に付与されてるのでハードウェアに依存しない。
また32bitと64bitの両方が収録されており、インストール時
どちらでインストールするか選択できる。

・OEM版
これは購入したPCに付与するライセンス。
そのPCが破損、破棄すればライセンスも終了になる。
付属のCDを中古として再販するのはライセンス違反になる。
32bitと64bitは同時収録はされてはいない。
Windowsのアップグレード版には対応していない。

・DSP版
これは、マイクロソフトが指定したパーツとバンドル販売され、
そのパーツにライセンスが付与されている。
そのパーツが破損、廃棄されれば終了となる。
新PCに移行しても、バンドル購入したパーツが接続され、使用されていれば
ライセンスは有効である。
32bitと64bitは同時収録はされてはいない。
またWindowsのアップグレード版には対応していない。


DSP版でのアクティベーション(認証)の判断。
基本的にパーツにライセンスが付与されているので
そのパーツが装着され、使用されていれば認証は通る。
しかし、認証過程でそのライセンスが
どのパーツにバンドルされているかは認証時にはマイクロソフト(MS)側からは
わからない。
MS側は主にCPU、メモリ、マザーやLANのマックアドレスなどをスキャンしていると
思われ、その構成が大きく変更された場合、「違うPC」と判断し
オンラインでのアクティベーションが中断される。
その場合、別ウィンドウが開き、そこにはMSのアクティベーションセンターの
電話番号が記載されているので、そこに電話をかけて認証手続きを続行することになる。
ここのアクティベーションセンターは年中無休、24時間営業。
オペレーターか音声自動応答につながり、プロダクトキーをまず聞かれる。
MS側はそのプロダクトキーでパッケージ版、やOEM版やDSP版等を認識する。
DSP版と解った後には
「お客様のWindowsはDSP版になります。
購入時に一緒にバンドル購入されたPCパーツは、今もご使用中のPCに
使われていますか?」
と聞かれる。
使われていれば、そこで「はい」と答えれば
その後に20桁の認証キーが自動音声で読み上げられ
そのキーを使用して、認証を完了させることができる。



自作PCユーザーがDSP版を好んで購入するのはなぜ?
ライセンス的な制限をみればリテール版であるが
自作PCは限られた予算の中で最大のパフォーマンスがでるPCを組むというのが
目的なので、リテール版、DSP版も中身は同じなので
リテール版よりも4000~6000円安いDSP版が好まれる。


※各版は別のPCにもインストールできるが「1PCにひとつのOS」という原則は共通。
アクティベーションを、複数あるPCのひとつで行った場合
それ以外のPCのアクティベーションが解除され30日以内に再アクティベーションしないと
ログオン出来なくなる。またWindowsXPは30日、WindowsVistaと7は3ヶ月ログオンしないと
自動的にアクティベーションが解除される。(その際は再度アクティベーションすればOK)
スポンサーサイト
【 2011/07/19 (Tue) 】 よくある質問集 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。