元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最速のメモリ

Corsair Readies 3000 MHz DDR3 Dominator Platinum Rams

Core iシリーズになってからCPUを倍率によってオーバークロックする方式が
当たり前になり、OCメモリは昔より求められなくなってきた感じがします。
まあ、メモリをOCしてもその速さは体感できず、ベンチマークの数値にして
やっと確認できます。

ただ、極限を求める人は少なからずいるわけで
その人達のためにCorsairがDominatorシリーズの最上位
おそらくこの速度は現状のOCメモリ規格で最速になるPC3000対応の
Dominator PlatinumをCOMPUTEXでお披露目するみたいです。

CorsairのDominatorシリーズは青ドミ、赤ドミなどの相性で呼ばれ
その特徴的なヒートスプレッダはDominatorシリーズのトレードマークと言われるくらいです。
dimms.jpg
今までのDominatorシリーズ。

しかし今回のPlatinumはさらに変わったヒートスプレッダになりました。

corsair3ghz.jpg
なんか取っ手みたいのがついてる・・・
より効率的に熱を拡散させるための形状なんでしょうが

構造的にはこのようになってるらしいです。
platinum-detail-635x797.jpg
まず基盤から通常とは違い、上部にはInternal Cooling Plane(直訳すると内部冷却層)があり
それを銅の薄い層をサーマルパッドとし黒いヒートスプレッダに熱を伝導します。
取っ手の部分はどう考えても見た目だけですね。
更によく見ると基盤右上にコネクタがありCorsairの独自冷却モニタリングシステムの
「Corsair Link」に接続して温度や電圧などをモニタリングができるようになっています。
※Corsair Linkは別途このような制御ボックスと一緒に使う必要があります。

はじめのモデルは4GBモジュールがリリースされ、Z77やX79に合わせて作られているとのこと。
もちろんマザー自体が3000MhzというOC設定ができないと無意味ですが・・・
対応していればXMP Profile1.3にて動作するとのことです。

値段は公表されていませんが、まあお高いでしょう・・・

スポンサーサイト
【 2012/06/02 (Sat) 】 PCニュース | TB(0) | CM(1)
もはやメモリに見えない件www
【 2012/06/02 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。