元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とりあえずCOMPUTEXネタをザザザっと

本日から台湾にて開催されている世界最大のPCショー
COMPUTEXの私が気になったパーツをずらずらと並べていきます。

写真と一行コメント見ないな感じで!

マザーボードで目立ったのはZ77マザーのVRMやらを増強した上位バージョン。


まずはGIGABYTE
GA-Z77-UP7_1.jpg
GA-Z77-UP7_2.jpg
なんと32フェイズのVRMを搭載。
CPU周りがタイル貼りみたいにVRMのMOSFETに覆われています。
このMOSFETは従来のMOSFETではLOWx1 LOWx1 HIGHx1とそれを制御するICコントローラーという
4チップの物理的に実装してきたが、今回からはそれを1チップに集積し
部材コストの低減、発熱の低下、よりフレキシブルなVRM性能を得たと書かれている。
このハイブリッドMOSFETは各メーカーで使われ始めていますが
最初に同様のMOSFETを搭載したのはMSIのDr.MOSになります。


次はASUS
コンセプトモデルのX79
34b.jpg
34c.jpg
なんとマザーボード上にRADEON HD7970を2つで搭載してるっぽい。
まあコンセプトモデルなので実際には販売はされないけど
こういう事も可能ですよという感じですね。
それにしてもモデル名のZEUSという名にあわせて神々しい色使いに
したんだろうけど、下品ですね!

ROGシリーズ
28.jpg
Z77のROGシリーズはMicroATXだけ先発でありますけど
ATXはこれらが初登場。2種類あり上記のMaximusは兄貴分
OCに特化した機能が充実している。Quad SLIにも対応
写真で見た感じでMaximusのほうがメモリのVRM周りが重装備な感じ。

29.jpg
こちらは弟分のFormula。特質すべきはCPU周りのVRMのヒートシンクが水冷にも対応している。
水冷専用ではなくこのまま空冷でも動くみたいです。フィッティングの部分はG1/4かな?
汎用規格のフィッティングなら既存の本格水冷に組み込むことができますね。
両モデルとも価格や発売時期は未定だが
改めてCOMPUTEXでお披露目することから今夏くらいかと思われる。
値段は上位のX79のR4Eは超えないと思うが安くは無いと思う。32800円くらいかな?


48a.jpg
こちらは、私的には「いらない子」であるSaber Toothのコンセプトモデルである。
完全におもちゃです^^

最後にもういっこコンセプトモデル
P1060115.jpg
P1060112.jpg
P1060114.jpg
40フェイズのVRMを搭載したやつ・・・
コードネームは「Wolverineウルヴァリン」らしいですが
あははははは基板の裏にまで実装してるよwwwwww
完全にわるふざk(ry
こういう沢山載せれば、俺つえーみたいな脳筋バカみたいな
のは面白いけど、それを製品版として、そういう風潮にするのは
ダメな気がするわ。


他にもMSIもZ77の上位モデルをだしていますが
各社ともVRMを増強してさらにINTELのThunderBoltを搭載してるのが共通点ですかね。

次!

ビデオカード
44a.jpg
MSIのLightningのGTX680
リファレンスより10%の高速化らしいです。
Twin Frozerも4になりましたね。出荷は数週間以内らしいです。
てか値段も高くなると思うし、数もすくないなら
こんなの買うよりリファレンス買って本格水冷導入するのが正解。
Keplerから、冷やせば冷やすほどパフォーマンスあげられるシステムになったので
空冷ではどうがんばっても限界点がある。

71a.jpg
71b.jpg
71c.jpg
71d.jpg
はいきましたー!MARS IIIのビデオカード
いわゆるGTX690の性能を落とした680x2ではなく
フルスペックのGTX680を一枚の基盤に搭載したやつね。
当然補助電源も増強してあるし冷却システも強化版が載ってる
そして大きさも巨大、おそらく重量も・・・
VRAMは純粋に倍になるので8GBになります。
(実質使用容量単位は4GB)
価格は当然GTX690を超えるはずで
限定生産となるはず。16万9800円くらいかな~?
シングルPCBとしては世界最速の市販ビデオカードになるはず。

あとこれも同じ様なもんだけど
EVGAも出すらしい。
7mMjd.jpg
こちらはモックアップで冷却システムも謎のまま。
EVGAはこういう感じで突っ走って欲しい。

あと前回の記事のCorsairのドミのPlatinumがでました。
24428_1_corsair_joins_the_3000mhz_ddr_dram_club_with_dominator_platinum_full.jpg
前の記事よりのアップデートはナシ。
強いて言えばレイテンシーはCL12とのこと。
上の写真はよりでかいサイズで開くよ!

つぎCorsairの電源で新しいのがでます。
Corsair Announces World's Most Advanced PC Power Supply
こちらは詳細があるので元記事リンク載せておきます。

型番はAX1200iで容量は1200W、既にAX1200というモデルがありますが
このモデルは電圧制御回路にデジタル制御(いわゆるPWM方式)のVRMを取り入れてる。とのこと
また温度、電圧などの環境をモニタリングするCorsairの独自規格()「Corsair Link」
に対応してるとのこと、リアルタイムで電圧や温度やら回転数やらをモニタリングできるらしいです。
80PlusはPlatinumとなっています。

また文章だけ書いてあるのですが、HXシリーズが全てGold認証になりマイナーチェンジするとのこと
もともとHXシリーズはCorsairサイドでGold認証を通る水準のグレードですが
安定供給などの側面であえてSilverで展開していました。
それが今度からGold認証で再展開するらしいです。
こうなるとAXとの差別化はフルプラグインか、一部プラグインかの違いになります。
AX-1200iや新HXシリーズのOEM元は不明。
(現行モデルはAX-1200がFlextronics社、HXシリーズはChannel Well Technologyですね。)

価格はAX-1200iは不明
新HXシリーズに関しては既存のHXシリーズと同じ値段になるとのこと
なので現HXシリーズは新シリーズ前にモデルチャンジの在庫処分で
特価がでるかもしれませんね。
一瞬AXシリーズとの差別化を明確化させるためAXシリーズもGold認証から
Platinumになるかな?と頭をよぎったのですが、まあ
コスト的に無理です。はい。
とりあえず1200iの写真置いておきますね。
corsair_ax1200i_01.jpg
corsair_ax1200i_02.jpg
corsair_ax1200i_03.jpg
corsair_ax1200i_04.jpg
corsair_ax1200i_05.jpg
それでは今日のところはこのへんで。
COMPUTEXは今週の土曜日まで開催されているので
またネタがでてくるでしょう。
その時はまた書きます。


まだネタはあるのですが、長くなるので次回に載せますね。

とりあえず見た人は拍手ボタンを押してくれると
Blogのモチベーションになります。
簡単に言うと、拍手が多ければ記事の更新頻度が増える!?






スポンサーサイト
【 2012/06/06 (Wed) 】 速報!! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【とりあえずCOMPUTEXネタをザザザっと】
本日から台湾にて開催されている世界最大のPCショーCOMPUTEXの私が気になったパーツをずらずらと並べていきます。写真と一行コメント見ないな感じで!マザーボードで目立ったのはZ77マ
【2012/06/08】 まとめwoネタ速neo
プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。