元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMPUTEXその2

というわけでCOMPUTEXで気になったネタを・・・

AsrockがASUSのMaximus 5 Formulaに対抗して
VRM水冷タイプのハイエンドZ77マザーを出すw
その名もZ77 OC Formula
90a.jpg
CPUのVRMは12+4フェイズのDigital PWM制御、メモリにはなんと8フェイズもVRMが搭載されている。
DDR3-3000+ MHzまで対応するために8個というとんでもない量のVRMを搭載している。
CPU周りのVRM冷却には水冷とまた4cmファンも設置されている。
SATA3.0ポートは6個でそのうち2つはチップセット、残り4つはサードパーティ製コントローラーから。
SATA2.0は4ポートとなっている。
ビデオ出力はHDMIのみで、オンボードLANにはBroadcom製のチップが搭載されている。

考察
AsrockはハイグレードシリーズとしてはExtremeシリーズとFatalityシリーズという
位置づけとなっていたが、ここに来て更にハイエンドOC市場にも(とてもニッチだが)
モデルを投入してくる。メモリも3000Mhz超まで対応できたり
VRM水冷、またVRMのデジタル制御も、とても早い段階で投入されている。
今回のFormulaシリーズは完全にASUSをターゲットに出してきているのは
デザインからも見て取れる。
当然、販売価格はASUSを下回ってくるだろう、
「ASUSのROGと同じポテンシャルをもったマザーをASUSより安く出すよ。」
という感じだろうか。
ASUSのROGは今世代からはOC以外の部分の付加価値を高めてきている。
OSDのレイヤー表示スクリーン機能でOC調整できる機能や
ユーティリティとしてリアルタイムでOCコンペサイトにアクセスしたり
またサウンドもオンボードでも高音質をがんばっていろいろPCB上に
物理的に境界線を作り低ノイズ対策したり
まあ、ぶっちゃけOCユーティリティとかオンボがんばっても
OCerなんてBIOSでやるだろうし、そもそもOCerはサウンド気にしない、
てか気にするならサウンドカード挿す。
ただROGシリーズのブランド訴求力はそういった部分をまったく
利用しないOCerでも「使わないけどなんかかっこいい」みたいな
感じにさせる(笑
そんな魅力はあるかなと。
Asrockはミドル層のマザーボード候補に、普通に入ってくるレベルになっているが
ハイエンド層も「お、意外とAsrockのほうがOC伸びるじゃん?」みたいな感じに
したいのだろう。



OC関係でメモリ。
ここ最近でOCメモリといったらG skillというのをよく聞く。
G.SKILL側もその方向で進むようだ。
p1050811.jpg
87a.jpg
上の写真はCorsairが出してきた3000Mhzのメモリに対抗してかは
知らないが、OCメモリブランドなら出して当然な3000Mhz+クラス。
G.Skillも出してきます。

下の写真はEVGAのSR-2マザーと8GBモジュールメモリx12枚で
96GB動作というクライアントPCシステムでは最大容量となるデモンストレーションをしている。

ハイエンドOCメモリでは、もはやCorsairの存在は薄く、
G.SkillやKingstonが人気である。メモリ価格が安い今、
G.Skillを体験してみるのもいいかもしれない。

次!
ケース
ZALMAN Z5
3_px400.jpg
4_px400.jpg

c_zal_450x338g.jpg
発売価格や時期は未定だがサイドパネルがアクリルタイプのPlusと
ノーマルタイプの2モデルが出る。
Z9のシャーシと比較すると別物なので
新たにシャーシデザインをやり直しているっぽい。
シャドウベイの真ん中を無くし、長いVGAにも対応する(約33cmまでいけるらしい)
5000円で大ヒットしたZ9より安くでてくるのかは分からないが
まあ、値段の割にはマシ。な感じでしょう。

CoolerMaster
Silencio550の上位モデルSilencio650を展示
年内9月の発売予定で価格は15000円前後となる予定
ph3_px400.jpg
既にCoolerMasterのグローバルサイトでは専用ページができている。

フロントの扉がアルミプレートになり高級感があがっている。
X Dock機能を搭載し電源を供給するドライブをケースの上のスイッチで切り替えられる機能を搭載。
(要はSSDを2つ用意して一つにWin7いれて、もうひとつにWinXPいれて起動するときに
どっちに電源を入れて(どっちをブート)するかをスイッチで選択できる仕組み)
また天井川にはスライド開閉の機構をつけたファンスペースが増設される。

Antec
P280にカラーバリエーションが!
ph2_px400.jpg
とってもカラフル!
5色展示されているが、決定色ではなく
今回のComputexなどの今後のイベントなどでより人気のある色にしぼって
展開するらしいです。

とりあえず、こんなところですかね。



スポンサーサイト
【 2012/06/07 (Thu) 】 PCニュース | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【COMPUTEXその2】
というわけでCOMPUTEXで気になったネタを・・・AsrockがASUSのMaximus 5 Formulaに対抗してVRM水冷タイプのハイエンドZ77マザーを出すwその名もZ77 OC FormulaCPUのVRMは12 4フェイズのDigital PWM制御、メ
【2012/06/09】 まとめwoネタ速neo
プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。