元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EVGAからシングルGPU最速のGTX680

ハイエンドスペックのパーツをメインに扱うEVGA。
GTX680が発売されてから2ヶ月くらいたったが
EVGAは未だに全てのモデル、特にハイエンドスペックの680を
だしていない。WEBサイトにはページは存在してあるが
写真などの具体的な情報が無かった。
ここに来て、いろいろ写真がでてきた。

写真はEVGA GTX680 ClassifiedのPCB
calssified.jpg

calssified2.jpg

オリジナルの基板でVRM周辺のデザインはリファレンスと大きく異なる。
VRMは14フェイズを搭載し、補助電源も8+8pinに強化されている。
メモリは4GBでGDDR5の256bitで基板表裏に16枚となっている。


680classy.jpg
こちらはそれのクーラーを搭載した画像。
EVGAは一貫してオリジナルクーラーではなく、リファレンスデザインを採用している。
これは外排気、ケース外に排気を循環させるという
冷却の絶対的なセオリーをわかっているからこそ。
特にEVGAの購入層はエンスーなのでSLIで使用する人が多いので
このリファレンスは当然と言える。

ミドルスペックのユーザー「リファレンス五月蠅いじゃん?」

EVGA「水冷モデル買えよ。オリジナルファンの内排気などうちは眼中に無い。」

てな感じだろう。

そして今回のCOMPUTEXで
690-PRESS-WATERBLOCK.jpg
690の水冷モデルが展示された。

ちなみに680の水冷モデルはすでに発売されている。

今回もSwiftechかな~。


スポンサーサイト
【 2012/06/10 (Sun) 】 速報!! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。