元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GTX660が出たので500番代は、もういらない子。

GTX660が発売開始となり、ベンチマークなどの情報も解禁になりました。

北米市場での小売希望価格はUS$229(18000円程度)となる。

色々なサイトで情報が公開されているので詳しくは各自で調べて欲しい。

下記は4Gamersからの転載
032.gif


033.gif

私的に、注目してる点は
消費電力は140W
性能はGTX580と同様か、いくつかのベンチではGTX580を抜いていることが多い
そしてメーカー小売希望価格が18000円程度になっている点だ。

発売開始直後は入荷量と、初回の価格設定での売れ行きを予測する意味合いで
21000~23000円程度で販売されるが、660Tiとの値差が少ないのと
ミドルグレードの最も重要なコストパフォーマンスを考慮すると
1週間以内には19800円で売られるモデルも出てくるはず。

またTDPが140Wということは、消費電力はもとより発熱も抑えられているので
搭載クーラーによっては静音が期待できる。
また昨今の電源ユニットの容量で700W~850Wという大容量の
電源ユニットを搭載するのが主流になりつつあるが
この傾向は、PCパーツの進化と逆行している。

これから、既に現在も、
「PCパーツは消費電力を少なく性能は従来よりアップ」
という方向性になっている。
CPU:Core iのSandy、Ivy世代で660を搭載して
SSD、光学、HDD、などシンプルなゲームマシン構成なら
450Wでも足りる。余裕を見ても600W程度で済んでしまう。

600W程度の電源であれば700W~クラスの電源より2000~4000円程度
安くなるので、PC全体のコストも下がる。

解りやすく言えば。BF3がぬるぬる動くPCが
6万円台で組めるということだ。

簡単だが見積りをとってみた。
ケースは1980円の安物だが+3000あればZALMANのZ9Plusも購入できる。

660under7.jpg

あと、見積っていて気づいたけど
メモリが糞安いわ。

DDR3 PC1600 4GBx2枚セット 合計8GBでジャスト3000円とかになってる。
スポンサーサイト
【 2012/09/14 (Fri) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。