元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬のボーナスとかで、PCパーツを買う予定の方へ。その3.2

こんなに長く引っ張るつもりじゃなかったんですけどね!

ということで残りサウンドカードと電源

サウンドカード
Creativeからはマイナーバージョンアップされた
Core3D搭載のSound Blaster Zシリーズが発売されます。
詳細はコチラ
値段はこんな感じ↓
SBZ_12OCT10_275_200.jpg

現時点で発売されているのはZのみで、ZXとZXRは年内に発売される予定です。
ZとZXはおそらく本体のカードは色が違うだけで
中身は全く一緒のモノが使われ
付属品が充実しているのがZX、一番シンプルなのがZになると思われます。

海外サイトではZXRとZの内部写真がでてます。
c5214a35b16a587a3d3904f645b633d1.jpg
こちらはメインボード↑

5b4539303c3a2b19c922cb9379304d16.jpg
こちらはZXRに付属するドーターボード↑

メインボードに関しては構造的にTitaniumHDの後継のような作り。
DSPのみでのDACではなく、DSPの外にDACを搭載し
その過程でオペアンプを2回路x2の合計4個のオペアンプを搭載する。
これらのオペアンプはソケット式なのでTitanium HDと同様交換可能となる。
また、銅板での仕切りも設けられ、ノイズ対策にも力を入れている。
ドーターボードにもCore 3DのDSPチップが載っている。
おそらく基板のレイアウト上デジタル(S/P DIF)の回路を載せる面積が無かったかと思われる。
より詳しい、仕様や各チップの特性などは、4gmaerあたりが
やってくれると思うのでそちらで。

ONKYOはとくに新製品のサウンドカードを投入する感じはなく
現行のラインナップになる。

ASUSに関しては興味が無いのでわかりません。


あ~、電源書こうと思ったら時間が~

ではまた。
スポンサーサイト
【 2012/11/19 (Mon) 】 放送後記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。