元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

KP41はひとまず沈静化かな。

ということで、年末にパーツを大幅更新しましたのは、既知の通り

ざっくり書くと
2700K→3930K
マザー ASUS P8P67EVO→ASUS P9X79PRO
メモリ ADATA PC1600 4GBx4→G.Skill ARES PC1866 4GBx4
VGA GTX590→GTX680
SSD Crucial m4 64GBx2 → Samsung 840PRO 256GB
HDD WD640GB→ Seagate 1TB+ WD2TB

ほぼ前取替に近い感じに。

そしてOSを入れなおして
セットアップして、配信を始めたらKP41のブルースクリーンが発生
KP41は Karnel Power 41というエラーで
ググってもらうとわかりますが、電圧関係
それとIO関係に起因するエラーで
対処方法が、決まってない。というかAさんはプラン1という方法で治ったけど
Bさんはプラン1では治らなくて、プランBで治ったとか
同じKP41のエラーでも、メモリを交換したら治ったとか
CPUの電圧をあげたら治ったとか、その対策方法が数が多く
また、必ずしもその方法でなおるかはわからないという
めんどくさいエラーなんですね。

2chではKP41病という専用スレが建っており
これが発生した場合は、解決のために長い道のりを歩むことになる。

私も、幾つかの対策方法を講じてみましたが
改善せず。
思い切ってWin8proへ、アップグレードしてみましたが
そこでもKP41は発生。

とりあえず、再度イベントビューアーで
エラーの詳細を確認したら
エラーログにUSBルートの内部ハブコントローラー、さらにその先に接続されていたipodで
Kernel PnPという別のエラーがKP41の4秒前に発生していた事を発見。
すべてのKP41ではないが
過去の7割くらいのKP41で同時にKP PnPが発生していた。
とりあえず、それがかなり臭いと思ったので
腐っているipodとUSBカードリーダー、とそれがつながっていたUSBハブを取り外した。
その後Win8環境で、8枠ほど配信したが、KP41が発生しなくなった。

とりあえずKP41の発生は収まった。
しかしWin8環境下での配信がなかなか安定しない。
Win8では配信に使う配信ソフトXsplitが対応しておらず
配信はできるものの、極端に動作が重くなってしまい
Flash playerを巻き添えにしてフリーズを頻発させる始末。
特にニコ生とUstの同時配信での動作がものすごく重く
負荷の高いBF3配信などは、配信しなくても無理なレベルと
思うほど、重くなってしまった。

この時点でKP41の原因はUSB(特にipodじゃないかと)と思われ、
確証を持つには早すぎるが、この時点でWin7に戻すことにした。

そして、SSDをフォーマットし、Win7の再インストールを完了し
ほぼすべてのセットアップが完了して
本日配信したが、動作は極めて快調。エラーもなし
負荷の高いBF3配信も4枠ほど連続してみたけど問題なし。
長期的に見ないとKP41は完治とは言えないが
まずは、一件落着な感じ。


今回、ざっくり書いていないがいくつかの疑うべきポイントが
あったので箇条書きで書いてみる。

・最初のWin7の再インストール完了後のWindows Updateで何度やっても
成功しないUpdateがあり、復元ポイントをつかって対処した。

・X79チップセットではIRSTはエンタープライズ版のIRSTeを使わなければいけないと
思っていたが、実は最新のIRSTでノーマル版もX79に対応したと聞いて
IRSTeを削除してIRSTをいれたが、デバイスマネージャーでXeon系のレジストリ残骸が削除できなかった。

・Win8環境にアップグレードして最初にKp41が発生したのはWinampで
プレイリストを作成していた時に発生、当然WinampはUSBにつながっている
Ipodを探しに行って、デバイスとして認識する動作を行なっていた。

・問題のipodは単体操作で半分動作がおかしい部分があり、品質レベルで見れば
中の音楽データは生きているが、操作系のインターフェイスがバグっているレベルだった。

・ipodとPCをつなぐUSB変換ケーブルも、メーカーからもらったサンプル品で
かなり古いもので、出処不明のアイテムだった。

上記の症状を踏まえ
最後のWindows8からWin7に入れなおした時には
相当慎重にOSをセットアップした。
数百項目になるWindows Updateはバッティングが起きやすい.net Frame Workや
セキュリティ更新パッチの連続アップデート避け、各ジャンルごとにアップデートを行い
再起動を要求しなくても、できる限りアップデート単位で再起動をかけたり
ドライバの更新もまた、再起動を要求されなくても
一つ一つ再起動してセットアップした。

件のipodは今後二度とこのPCには接続されることは無い。
またUSBハブに関してもバスパワーではなくできれば
ACアダプターなどで供給できるタイプを再選定する予定。

最後に。

KP41の解消を宣言するには、まだ早いが
USB周りのバスパワーによる電圧不均衡がKP41を発生させていた可能性が高い。
今回の件で勉強したことは

やたら古いデバイス、USBハブなりipodなり
古いケーブルなどは3年程度を基本とし、不具合の原因になる可能性が
あるということを覚えておかないとダメだと思った。



スポンサーサイト
【 2013/01/05 (Sat) 】 放送後記 | TB(0) | CM(1)
win7再インスコ時アップデートは
自分の場合、Microsoft Security Essentialをアップデートの早い段階で入れてしまうことで、それ以降のアップデートがうまくいかない病が頻繁しました。
かれこれ10回ほどの再インスコと、4回ほどの友人への自作パソコン譲渡をしてきましたが
MSEをトリガーとしたアップデート不良は発生率としては半々でした。
次に再インスコする場合、MSEのインストールをパスして最後に回すといいかもしれません。
【 2013/01/13 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。