元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

連日の猛暑、あなたのPC大丈夫?

suirei


猛暑で、外気温が連日30度超えが当たり前になってきました。

エアコンつけましょう!!!


エアコン無しでも、PCの電源を入れればPCは普通に起動して使えると思います。しかし、
室温30°C以上でのPCの運用は、PCの寿命を縮めます。

主な理由は下記の点
・PCに使われている各パーツは使用環境を5~35°Cを想定されて設計されています。
・35°Cまでいけるが、最大値なのでパーツ的には限界温度付近で使用することになる。
・各コンデンサやMOSFETなどの積載部材は高温耐性があるが、限界値であって常用推奨温度とは別。
・長時間の高負荷、たとえばFPSなどのゲームではGPUが常時80°C近いの高温を発し続ける。

では、高温環境下でも動くPCがあり、特に異常がなければ問題ない。
この認識は動いていればこその認識ですが、高温環境下での運用は
PCの寿命を確実に縮めます。

よくマザーや電源に使われてるコンデンサは日本製の固体コンデンサや米軍のMIL SPEC準拠などの
高耐性のものが使われています。
105°Cまで対応できるコンデンサも多いですが、コンデンサメーカーの仕様書では
最大で105°Cまで耐えれる。製品的には45℃近辺での使用した場合の製品寿命を表記しています。

45℃環境では10年動くけど、105℃環境だとその寿命は10年は保証されないということです。

とくに猛暑日の室内でエアコンを使わず3~4時間、FPSゲームなどをした場合
私的にはいつ壊れてもおかしくない運用方法と思っています。

ただ、エアコンを付けたくても付けられない人はたくさんいると思います。
そういう人は下記に注目

・室温32度超えたら、高負荷がかかるFPSや3D系のゲーム、動画エンコードはやるな。
・内蔵ファンは全開で回せ。PCケースにファンを設置するスペースがあるのに付けてない場合は
すぐにファンをつけろ。
・エアフローが微妙ならカバー外して、横から扇風機で強制冷却しろ。
・窓をあけたら涼しいけど室温計が32度以上ならPCには関係ない。人間が涼しいと思っても
室温が下がらなければ冷却されてないのと同じ。
・じゃあ水冷なら冷えるか?冷えねえよ!エアコンが無い環境で水冷導入してもあまり意味はない。
・簡易水冷もエアコン無いとほぼ無意味、むしろ空冷より悪化するかもしれんよ。

とりあえず、夏だけでもいいからファンを増設してPCの寿命を伸ばしましょう!!

ああ、あと電源ユニットの80PLUS認証もSilver,Goldあたりのを選ぶと
体感できるほどの、排熱温度の低下や静音効果があります。

オススメのファン
静かで値段も安く、レビュー評価(カカクコム、coneco、Amazon)も高く
送料考えると、Amazon一択な感じです。
送料込みで¥ 1,578
ENERMAX PCケースファン クラスター8cm UCCL8ENERMAX PCケースファン クラスター8cm UCCL8
()
ENERMAX

商品詳細を見る


スポンサーサイト
【 2011/07/11 (Mon) 】 元バイヤー的な解説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。