元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BulldozerベースのOpteronプロセッサのリーク。

ニュースにするか迷ったけど
他にめぼしいのがないので・・・

srv.jpg

Gateway leak Bulldozer Opteron frequencies


リークされたのはGateway(Acerグループ)の2Uタイプのラックマウントサーバーの
スペック。画像を見ると8コア、12コア、16コアとなっており
クロック幅は2.1Ghz~3.0Ghzまでの範囲となっています。
AMD_Opteron_6200.png

これらの新世代OpteronはInterlagos呼ばれます。メモリ接続が4枚のクアッドチャンネルで
行われ、また旧世代のG34マザーボードと互換性があります。
opteron.jpg

またInterlagosの他に、ここには掲載されていませんが、下位グレードとしてValenciaというモデルがあります。6コア、8コアの展開が予定されています。4コアのモデルもあると思われますが情報はまだ出てきません。
Valenciaはメモリをデュアルチャンネルで接続されます。

これらはモデルの一部でこの他にもACP/TDPが65W/80Wの省電力のHEシリーズ
さらに高クロックパフォーマンス(ACP/TDP 105W/140W)の高クロックパフォーマンスモデルの
SEシリーズで展開される予定です。
-------------------------------------
考察

OpteronはIntelで言う所のXeonと同じ、
ワークステーションとかサーバーに使われるマルチCPU対応のモデルです。
一般ホームユーザーでは使用を想定して設計されていませんので
皆さんがこれを買ってもパフォーマンスは出せません。

ただし、AMD、Intelその他のCPU,DSPメーカーにとっては
サーバー、ワークステーション分野での新製品投入は社運をかけるぐらい
とても重要なセグメントです。
技術的には最も進んだものが使われ、より高速に、かつ省エネなものが求められています。
また新製品が法人でのサーバー、ワークステーションでの導入が決定すれば
売上だけでも数百万~場合によっては数億規模になります。

またサーバー、ワークステーション分野で新世代のCPUを展開するのは
その企業の最高の技術レベルの製品が投入されるので
その企業のCPUの製造能力の指標となります。

今回は最上位では16コアのCPUを投入するAMD、このコア数は
IntelのXeonの10コアを抜いており、マルチコアという観点では
AMDのシュリンク技術、さらにTDPで115Wという省電力に抑えてるのを
見ると現時点ではAMDが一歩リードということでしょうか。
スポンサーサイト
【 2011/07/26 (Tue) 】 PCニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。