元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Geforce GTX650Ti BOOST モデル発表。

昨日、情報解禁日だったGeforceの新モデルが発表されました。

正式名称はGTX650Ti BOOST
となります。

今までNvidiaは末尾にSEやTiをつけてグレードや派生モデルとして
命名していましたが、今回はBoostという英単語を初めて冠しています。

詳細や仕様をつらつら書こうと思いましたが
他のサイトでたくさん書かれているのでここでは
実際に購入に役立ちそうな事を書いていきます。

まずは価格。
Nvidiaの公式価格はUS$140(14000円程度)となっています。
ただし各メーカーから出てくるオリジナルファンモデルや
OCモデルはプラス数千円程度になると思われます。

位置づけ
GeforceではGTX660と650Tiの間に入るグレードです。
RADEONとしてはHD7850とHD7870の間に入ります。

ミドルレンジと言えるカードを上位から並べると
HD7870
GTX660
GTX650Ti Boost
HD7850
HD6970
GTX570
HD6950
HD7790
GTX560Ti
HD6870
GTX560
GTX650Ti
となります。
前世代のカードも含まれているので
若干の前後はありますが
650Ti Boostは650という番号でありながら
元の650Tiより大きなパフォーマンスアップになっています。

これは、ベースとしては650Tiのアップデートというのではなく
660を少し下げたモデル。というのが正しいでしょう。


技術的なスペックからみても
650Ti Boostは660の機能を一部削除して
それ以外は660と同じになっています。
650Tiと比べると
CUDAの数は同じ768基ですが、それを同時にやり取りするための
ROPはTiが16基、Ti Boostが24基になります。
またVRAMもTiが1GBだったのに対し、Ti Boostは1GBと2GBが展開されます。
そしてVRAMの帯域幅も128bitのTiに対してTi Boostは192bitとなっています。

簡単に言うと660では5基あるSMXユニットのうち1基を削ったものがTi Boostになります。
※SMXユニットの1基中にはCUDAユニットが192基搭載されています。

また650では未対応だったSLIにもTi Boostは2WayまでのSLIに対応しました。

TDPは公開されていないが補助電源6pinx1個なので
136W程度かと思われます。
このTDPであれば通常のミドルグレードの構成であれば500Wの電源でも余裕で動きますね。

以下はベンチ
環境は
Core i7 3770K OC@4.6Ghz
MB:Z77
MEM:4GBx2 DDR 1600
HDD:WD Blue 500GB
PSU:Antec 1200W
OS:Win7 64bit SP1
Driver NV:314.21Beta ATI13.1WQHL

解像度は全て1920x1200のWXGA
グラフィック設定は中でAAはx4になっています。
この環境であればFullHDでミドル設定の環境を利用するユーザーが多いので
参考になるはずです。

BF3 DX11
bf3_1920_1200.gif

Skyrim DX9
skyrim_1920_1200.gif

Assassins Creed3 DX11
ac3_1920_1200.gif

Call of Duty Black OPS2
cod_bo2_1920_1200.gif


いずれも、
650から40~50%
650Tiから35~40%
という良好のパフォーマンスですね。

発売は今週末にも店頭に並ぶと思われます。
今回は一応リファレンスモデルが存在しますが
TDPが低いので、各社オリジナルファンモデルを初回から投入していきます。

各社のカードはこんな感じ
ASUS
119a.jpg

ZOTAC
122b.jpg

MSIノーマル
121b.jpg

MSIツインフローザー
121a.jpg

GIGABYTE
124a.jpg

PALITはこれの他にシングルファンも有り
126b_thm.jpg

初回は19800円という近辺で出まわると思いますが
供給が安定すれば16000円近辺が安定価格かと思われます。

Ti Boostが15000円台になれば
650と650Tiは10000円以下、13000円以下でないと
買う価値は低いと言わざるを得ません




スポンサーサイト
【 2013/03/27 (Wed) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。