元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sandy Bridge-Eの価格 もしかしたら10月に・・・

以前、こちらの記事で紹介したように
ハイエンド向けのIntelの最上位Sandy bridge-Eですが価格がリークされました。

これは初代Core i7の900番代の後継となりCore i7 3000番代でリリースされます。

Sandy Bridge-E May Launch in October 2011, Core i7-3930K Gets Priced

これによるとEシリーズの真ん中のモデル
Core i7 3930KはUS$560前後(44000円~46000円)
となる模様、そして登場時期ですが少し前に2012年1月と延期の噂が出ていましたが
どうやら今年の10月になる予定。
意図しているのかは、わかりませんがBF3の登場月と同じですね。

ちなみに、Eシリーズ3つのうちの一番下のCore i7 3820は具体的な価格はまだでてきていませんが
US$400~500(32000~40000円)と予想されています。

まとめると
Core i7 Extreme Edition 3960X USD999(99800円)
Core i7 3930KはUS$560前後(44000円~46000円)
Core i7 3820US$400~500(32000~40000円)

となっています。

これを見ると、これらを搭載できるマザーボード
LGA2011ソケットのX79チップセットマザーの価格次第ですが
X79の価格はおそらく30000円~と思われるので
最小導入コストは6万以上になると思います。

Core i5 7の2000番代はマザーとCPUの導入コストは
2万後半~4万円なので、現状ハードウェア性能を考えると
2~3万円のEシリーズへの投資分を何処に見出すか?
現状のFPSゲームなどではCore i5 7の2000番代で余裕なので
OC、ベンチマーカー向けということになりますね。

CPUだけ目がいきますが
じつはEシリーズはCPUよりX79のチップセット性能が
大幅に刷新されるのでそちらのほうがパフォーマンス的には魅力的です。
スポンサーサイト
【 2011/07/27 (Wed) 】 CPU、メモリ、HDD関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。