元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Computex 2013を雑に拾っていく。その2

なんかすごい量がでてきたので急遽Computex2013のカテゴリを追加しました。

駆け足でいきます。

antec_001.jpg
antec_002.jpg

Antec
付け焼刃すぎます。
ATXのケースの下にラジエーターのスペースか
追加ストレージのスペース化
なんかしらんけどスペースを追加しただけ。
フロントマスクだけ急遽つくって
上に乗っけただけじゃねえか。

AntecはSoloやP180以降、どんどんダメになっていくね。
Solo2も微妙だしEleven Hundredまあよしとしてシャーシを共通化した
P280なんかはどう見てもシャーシは冷却性重視、外装パネルは静音重視というチグハグ
だったし。
今回のこれもCorsair900DとかCOSMOS2とかの
超大型ケースが出た後に
急ごしらえで作った感があり、技術的な工夫が見当たりません。
完全に後出しジャンケン。
そして負けているという・・・
名前はNineteen Hundred (1900)らしいですよ・・・

ASUS-ROG-Maximus-VI-Formula-Motherboard-Has-CrossChill-Cooling-2.png
はい、出ましたよFormula
前世代でもVRM周りを水冷にできるように
水枕兼ヒートシンクを搭載してきましたが
フィッティングの部分が独自のバーブ(いわゆるネジが切ってなくて
ホースをはめるだけ)で本格水冷ユーザーには見向きもされず
かといって空冷ユーザーには水冷で使わない水枕を
空冷ならヒートシンクとして使うって?舐めてるの?
みたいな感じになって不発に終わった感。

けど今回はフィッティング部分をG1/4の共有規格のネジを切ってきたので
印象は良いかと。が、
このカバーいらねえよ。
別売りで4000円とかで販売されるらしいけど
ショップ泣かせだ。売れ残ったらゴミになる運命なカバー
冷却性?あがらんでしょ。発熱体を覆って風を強制的に循環させるのは
ラックマウント型PCでのスペースの制約上の必要な機構であるけど
ATX、E-ATXであるかぎり強制的に4cmファンなどで排気するのは無駄な騒音源。
今回のROGシリーズはこのカバー(笑)が目玉らしく
冷却性アップや、重量級ビデオカード装着時の強度アップ
とか言ってるけど、完全に見た目をどうにかしたいから付けただけの
おもちゃにしか見えない。

13a.jpg
あ?ん?
子供の頃デパートのおもちゃ売り場で見た!

ROGシリーズは完全に迷走し始めました。
MSIやAsrockのOCマザーの猛追に匙を投げたのか知らんが
見た目をどうにかしようとして
おもちゃになっていく感じ。

Super Flower

44a.jpg
44b.jpg
はい。80PlusのTitaniumグレード。
配信では何度か説明しましたが
実は80Plus規格には
Platinumの更に上位がありまして
Titaniumがあります。
しかしこのグレードがあまり知られていないのは
200Vの規格いわゆるサーバー向けの規格で
一般的なATX電源では無いのです。
それをATX電源として出す模様。
当然日本の一般家庭では100Vなのでその場合は
TitaniumではなくPlatinum規格の効率で動くとのことです。
国内には入ってこなかさそうですね。
ま、Super Flowerな時点で・・・ね。

スポンサーサイト
【 2013/06/05 (Wed) 】 Computex 2013 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。