元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビデオカードのコストパフォーマンス表ができました。

配信でガチャガチャやってて作ってみました。

データのソースはコチラのTomさんのところから。

ベンチ方法は
BF3の高解像度2560x1440
グラフィック設定 Ultra
4xMSAA、AA、Post:High

costp.jpg

costp2.png


ベンチマークで計測されたFPS数値を価格で割った数値
価格はconecoでの各カードの最安値で
実際に、ちゃんとした販売店で在庫のある値段を採用。

一番下の行が1FPS当たりの値段なので
低い数値ほど優秀。
最優秀は[GIGABYTE] GV-R797OC-3GD等の7970 Ghz Editionでした。



ドベはTitanさんでした。

例に出した7970がGhzではなかったので
修正、加筆しました。
数値に関しては変動していません。
【 2013/06/21 (Fri) 】 放送後記 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2013/06/21 】 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> いつもブログ拝見させて頂いております。
>
> 早速ですが、RH7970-E3GHD/DFはリンク先のスペックを見る限りGhz仕様ではありませんが、表ではGhz仕様となっておりますが誤表記ではありませんか?
>

管理人のみに見えるコメントでしたので
差し障りのない部分だけオープンにして返信させて頂きます。



コメントありがとうございます。
誤表記の件はご指摘の通りでしたので
修正、加筆させて頂きました。ありがとうございます。

もう一件、ベンチマークの件でのご意見に対しては
以下の通りです。

ベンチマークの件ですがビデオカードにかかわらずPCパーツは時間経過と共に値段が下がります。
では、Titanや780が発売して1年以上経ってから計測すべきなのでしょうか。
1年後の未来を予測することは不可能ですし、期待値として数値化しても
信憑性は無いでしょう。

・現行で販売されている。
・現行での各社のハイエンドモデル層でDirectX世代、メジャーレベルでの
 命令系統で全モデル対応している。
・RADEONはドライバーで化けましたが、過去の遍歴を見てもGeforceでのドライバでの
大化け傾向は思いつきません。
理由を挙げればきりがないですが、
正当性云々を阻害する要因はないと思います。

発売当初から性能が出るように準備するのはメーカーとして努力すべきポイントですし
7970は発売当初はボロボロに叩かれていました。
言うなれば、今回のTitan、700シリーズ(特に780)はNvidiaはTeslaからTitanを派生させるような
苦し紛れの展開をするより、同じラインの770以下のラインで
7970と勝負すべきだったのでしょう。

時間経過と共に性能が陳腐化する商品ですので
ベンチマークを現時点で現行モデルを使用し、
計測するのが大原則です。

今回のコメントは管理者のみが閲覧できるコメントです。
そのモードでコメントされる場合は
返信を不要とする内容の時のみでお願いします。
(例えば今回の誤表記のご報告など)

議論や質問をこのモードでコメントされると
私の返信は、コメント投稿者のみに閲覧できるように
設定するのは不可能なので
コメントをオープンにして返信するか
今回のように私が案件をぼかして返信するしか
手段がありません。

内々にやり取りをするのであればメールにてお願いします。
【 2013/06/21 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。