元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RADEON HD7990が価格改定

Radeon HD 7990 "Malta" Prices Slashed to $699, Targets GTX 780

ということで、AMDが攻めてます。

現行AMD RADEONの最上位カードである
RADEON HD7990が価格改定。

US$1,100~1,200(日本円で11万~12万円)

US$699.99~789.99(日本円で7万~7万8千円)
に値下げを発表しました。

約30%の値下げは、ここ数年でも珍しいです。

またAMDのゲームバンドルキャンペーンのグレードも最上位クラスに相当しますので
バンドルされるゲームでもUS$100程度の価値があります。

このクラスで食われるGeforceはGTX690、GTX780となります。

今年の第四四半期(10~12月)に出るといわれる
次世代のRADEONはBattle Field4のプロモーションと完全に歩調を合わせてくるため
BF4の発売日前か、同時発売かになるでしょう。
それまでに大々的なプロモーションを行なっていく予定です。

おそらく、来年まで生産が続くと言われている
RADEON HD7970、7950でもBF4のバンドルキャンペーンが実施される可能性が高いです。
当然のことながら次世代のRADEONにもBF4はバンドルされます。

さて、ここまで読んで
「ああ、RADEONだろ?、おれGeforceだし
7990なんて2GPUの特殊カードだから別に気にしないわ~」

と、思っている人。

Nvidiaが黙ってみていると、思いますか?
新世代の予定は年内は無し。
色々と八方塞がりなNvidiaが出来る事といえば
価格改定くらいしか無いですね。

プライスリーダーの座を奪われないために
値段を下げるんじゃないですか?

私的にはTitan、780、770あたりを下げてきそうな気がします。

スポンサーサイト
【 2013/08/07 (Wed) 】 速報!! | TB(0) | CM(10)
Nvidiaさんは、価格改定しないさそう。
したのってGTX2XXシリーズの時やったくらいで、RADEONなんか(゚⊿゚)シラネって感じで強気でいきそうなきがする。
【 2013/08/08 】 [ 編集 ]
でもその時ってnvidiaシェア持ってるから出来たことであって現状はそうも言ってられないと思う
価格下げなきゃ確実にradeonにユーザーは寄っていくだろうし機を逃したらそこまでなんだから企業だってそのくらい考えると信じたい
【 2013/08/09 】 [ 編集 ]
通りすがりの者です。

私の予想は、今回のRadeonの価格引き下げ、というよりかは、近日発売の新Radeon GPUがNvidiaの価格改定に影響されそう。
10月には新GPUが発売されるとのことで、出来によっては価格改定される可能性も十分あります。
確か、現在Nvidiaの単体GPUシェアは65%以上ですので、そこまで焦りはなさそうと感じていますが、30%の差は意外と少ない?んですかね?

ともあれ、デュアルGPUが7万円代まで値下がるのは非常に大歓迎です><(日本がここまで下がるかは疑問ですがw)
【 2013/08/09 】 [ 編集 ]
たくさんのコメントありがとうございます。

私の予想は書いてあるとおりですが
シェアの話題を持ち出すのであれば
「ビデオカード単体でのシェア」は市場規模が小さいので
ほとんど意味を成さないです。

GPUのシェアを持ち出す場合は
内蔵GPU、モバイル系GPUなども含めたシェアを
チェックしましょう。
2013年Q1でのシェアは以下の通りになります。

Intel 62%
AMD 20%
Nvidia 18%
と、なります。

次世代機が発売された場合は
AMDのシェアが更に伸びるはずです。

PC自作erに多いのですが
ビデオカードの市場は現在はとても小さく
高性能でハイパワーのビデオカードを作っても
その商品がGPU業界のシェアを変えることはありません。
この事を理解せず、ビデオカード=GPU市場と
考える人が自作erには非常に多いのです。

時代はモバイル、コンパクト、省エネに向かっているので
ビデオカードに資金投入するメリットは小さくなってきていますね。
【 2013/08/10 】 [ 編集 ]
>ビデオカードの市場は現在はとても小さく
>高性能でハイパワーのビデオカードを作っても
>その商品がGPU業界のシェアを変えることはありません。
そもそもビデオカードはチップメーカーの技術力誇示の場だと思います。
だからこそ、あえて市場規模が小さくても次々に新製品を投入しているのではないでしょうか。
規模自体は小さくとも、そこでのシェアはある程度の意味を持つのでは?
【 2013/08/12 】 [ 編集 ]
技術力をアピールする意味ではその通りです。
ただ、Nvidiaの様にビデオカードシェアをもっていても
コンシューマーやモバイル系の受注をことごとく逃してしまっている。
ビデオカードの技術をコンシューマー、モバイル系に
落とし込めてないということになります。

また、市場のニーズは高性能&ローパワーのGPUです。

Nvidiaが600~700番代を出している時に
AMDは7000番代のみを投入して
その間にA8,A10プロセッサ、コンシューマー向けGPUの
の製品を積極的に展開しました。
高性能&ハイパワーのカードを作っても
それを応用できていない。

こういった展開をGPUメーカーの顧客は理解していますし、
理解しているからこそAMDがコンシューマー市場GPUの
独占するかたちになったのだと思っています。
【 2013/08/12 】 [ 編集 ]
「通りすがりの者」でコメントをした者です。

GPU市場=単体GPUとの考え方は行わない方が良いんですかね…?
確かに、一般向けGPU市場は小さいですし利益もソコソコといった感じですが、GPU市場には利益率の高いQuadroやTeslaがあり、シェアは高いですし、こちらはガッツリ利益を出していますし。(後はNvidia GRIDなどクラウドゲーム市場も
順調)
GPU市場=単体GPUではないのは事実ですし、nvidiaは全体的なGPUシェアで見れば劣っていますが、「売上」「利益」という点ではシェア的に上のAMDにも負けていません。

そして、元々コンソール向けはPS3しかNvidiaチップは採用されていませんでしたし、次世代コンソール機全てにAMD APUが採用されたとしても、AMDがめちゃくちゃ優勢!!となることはないでしょう。
また、Nvidiaが殆どの技術提供を行っている、とNvidiaが主張していました。
http://www.4gamer.net/games/204/G020420/20130613071/


次世代Tegraは省電力なKeplerコアが内臓される予定ですし、GPUメーカーとしてのアドバンテージはあると思います。
が…確かに、モバイル向けは新Nexus7がqualcommを採用し、Tegraは苦戦を強いられていますよね…。Nvidiaのマーケティングトップ且つ副社長がAMDに移ってから、マーケティングが微妙になった気が…。気のせいですかね?(逆にAMDのマーケティングが活発化したような…。)


結局、何を話したいのか自分でもわからなくなってしまいましたが、Nvidiaは
全く、ではないにしても、そこまで焦りはないのでは?と感じましたので…。

本当にどうでもいいですが、自分はCPU,GPUともAMD派ですので、AMDを応援しますし、コンソール機を独占した事は非常に興味深いことですが、ネット上ではこれからもNvidiaが優勢という意見もあったもので…。
個人的には今まで散々書いてきましたが、今後はAMD優勢であると考えています^^;


後は疑問なのですが、

>次世代機が発売された場合は
AMDのシェアが更に伸びるはずです。
この次世代機というのは、コンシューマー機を示しているのでしょうか?
Hawaiiの事を示しているのでしょうか?

もう一つ。
>また、市場のニーズは高性能&ローパワーのGPUです。
Nvidiaが600~700番代を出している時に
AMDは7000番代のみを投入して
その間にA8,A10プロセッサ、コンシューマー向けGPUの
の製品を積極的に展開しました。

ここがイマイチ理解できないのですが…。
その…まず高性能&ローパワーGPUとはどのような製品を指しているのでしょうか?
A8,A10がこれに当てはまるということで理解しても良いのでしょうか?

長文申し訳ないです…。
そして、迷惑でしたらコメントは控えます。。。
【 2013/08/13 】 [ 編集 ]
Nvidiaの今後に関しては致命的ではないにしろ
しばらくは苦戦することになるでしょう。
2013Q4以降の決算予測ではマイナスを予測しています。

コンシューマー機3種のAMD受注に関しては
Nvidiaの介在の余地がないことが初めてなのです。
ゲームソフト開発メーカーはAMDプラットフォームのみに焦点を
当てて開発をすればいいことになります。
リンク先の記事ではPCゲーム市場がコンシューマー市場を牽引しているとありますが、開発ベースでは高精度のものをダウンサイジングするのが一般小売ビジネスの基本なので当然です。

数年前からですが、大手ゲームソフト会社はコンシューマー機を
対象に開発しています。BF3でも最初はPC向けに開発していると発表して、発売してみたら64人マップのデザインは酷いという声が多く、それに対してEAは「開発中に上層部から
コンシューマー向けに開発を見なおせ」という命令があり
BF3のマップデザインは32人対戦のコンシューマー向けに
作成されている」と暴露する騒ぎも有りました。

またBlizzardも元々はコンシューマー機での
コンテンツ作成の予定は無いだろうとしておきながらも
数年経った今、Diablo3がPS3、4で発売されます。

開発レベルでNvidiaが技術提供をしているとありますが
長期的に技術提供を受けて技術的な資産を提供し終わり
AMDが技術提供されなくても十分な開発ができるようになれば
どうなるか・・・

Quadro、Teslaに関しては評価は高いのは理解していますが
いずれのモデルも1年半以上のGPUになります。
高性能ですが一枚25万円近辺のTESLA、その落とし子のTitanは12万円
ちなみにHwaiiは先にFire Proが発売されRADEONはその後になります。値段は言わなくても解ると思いますが
性能に関してはUS$600でTitanと同パフォーマンスレベルと言われています。
またRADEON Skyが始動し始めたばかりでこれからですが
クラウド分野にもRADEONは参入していきます。

またこの分野でもXeon Phiも参戦してきているので
これからは熾烈なシェア争奪戦になると思われます。

Tegraについてはどうすんのこれ?
といった感じです。
どこか大きなハードウェアメーカーに採用されないと・・・

疑問に関しては

>AMDシェアに関してはAPUを含めた全GPU製品群です。


>高性能&ローパワー
A8,A10を含みます。平たく言えばSoC開発です。




【 2013/08/13 】 [ 編集 ]
日本も価格が下がるのか?
日本でも価格は下がるんでしょうか?

下がるとうれしい??
【 2013/08/16 】 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
日本でも下がります。
すでに海外の通販サイトでは下がっているので
日本のショップ、代理店が持っている在庫は
仕入れ値が高くても下げざるを得ません。
盆明けには下がってくのではないでしょうか。
旧価格では絶対売れないので
赤字になってでも下げてくるでしょう。

ただ次世代RADEONは7990より安価になる
価格設定だと思われます(性能的には7990のほうが上ですが)
ので、次世代が出てから検討してもよいとおもいます。
【 2013/08/17 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。