元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Titan UltraとかGTX790とか? 出るの?

NVIDIA Working on GK110-based Dual-GPU Graphics Card?

というわけで、ネタ的に信憑性が薄いですがどうなんでしょう?

NvidiaがRADEONの次世代Hawaiiシリーズに対抗して
Titanの更に上位のモデルや
780を1カードに2つ載せるモデルを計画してるかもしれない。

というニュースです。

ビデオカード性能競争で
何が何でもトップに立ちたいのでしょう。

なりふりかまってられない状況です。

Titanの上位とはフルスペック版のという形になるでしょう。
これ元となったワークステーション向けのTeslaカードと
同じスペックになります。

価格は当然Titanより高くなります。

GTX790が出るとしたら
TDPの問題も出てくるでしょう。


このラインナップは既存のモデルの価格改定を意味します。
Titan UltraなるものがTitanの値段を上回るのであれば
既存モデルには影響がありませんが
Teslaと同様のスペックになれば一枚25万円近辺のTeslaを
購入するメリットは薄れ、おそらく10万中盤になるTitan Ultra
を購入したほうがお客さんにはコスト削減になって良い感じ。
しかしワークステーション市場で使われる同スペックのカードを
半額に近い値段でだしたらTeslaが売れなくなります。
これは自分で自分の首を締めるような感じですね。
また15万円近辺だったとして
この値段帯になるとさすがに売れません。
Titanですら売れてないのに・・・・

また2GPUを1カードに載せる型番的にはGTX790になる?
ものですが、780を2枚載せるとなると
単純で乱暴な計算ですが14万円近辺になります。
こうなるとTitanが買える値段になります。
2GPUカードなので別枠的な扱いになるので
シングルGPUとは比べられませんが
ビデオカードという順序的には微妙な値段になってしまいます。
ましてやTitan Ultraが15万近辺だったら
被りまくりです。

そうなるとバランス的にGTX780の値段をさげて
さらにTitanの値段も下げて

って事になります。
その時点で690が生産終了になると思われますが
690がその後も継続されるなら
690の値段も下げざるを得ないでしょう。


違う視点で見てみましょう。

このTitan Ultra?や790?は
ずっと前から計画されてたものではありません。
Nvidia的にもTitanで10万円以上のビデオカードを
Geforceとして出すという事も簡単に決断できなかったでしょう。
苦渋の決断の末、今の値段になっています。

しかし製品計画的には新世代でも無く
ワークステーショングレードをダウンスペックしただけなので
手間はかかっていません。

そしてTitan発売後はGPU市場でトップの座に付きました。

で、更に上位を今から出す?

これはTitanの性能を次世代RADEONにベンチスコアで抜かれている
事を裏付けるような気がします。

次世代RADEONに負けないのであれば
そのまま「Geforceは世界いちぃぃぃぃい」みたいな
感じでドシッと構えてれば、それこそ来年のMaxwellまで
安泰の予定だったはずです。

このニュースの信憑性はまだわかりませんが
本当だとすれば
Nvidiaの関係者が次世代RADEONの性能に
脅威を感じて、突発的に計画した新製品なのかもしれません。

こりゃますます次世代RADEONに期待が高まります。

スポンサーサイト
【 2013/08/24 (Sat) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(9)
以前からTitan Ultraの噂はありましたよ。
GTX790は初耳ですが。
後、GTX760以上は既に700シリーズに切り替わっており、
多分GTX690~670は生産終了でしょう。
そうなるとGTX790は出てくるでしょうし、TDPもGTX780程度に調整すれば375W内に収まりそうですし。
後、本当に次世代RadeonでTitanを抜けるのか。
多分、無理なような…。
上回るタイトルもいくつかありそうですが、基本は値段なりなのかなと思います。
消費電力もSouthern Island世代の設計で変わらず28nmなら新Power Tuneを使用しても増加は避けられないでしょうし。

とはいうものの、このように性能競争が激化して価格が下がってくれるとありがたいんですが…。
後、1か月の我慢orz

【 2013/08/25 】 [ 編集 ]
現状、やはりTitanではGeforceはRADEONに勝てない。
価格においてのコストパフォーマンスはTitan性能比較グラフ、
各レビュー、ベンチマークスコアを見ればわかります。
ここで重要なのは、RADEONの「信頼性」がグッと上がったこと。
性能をTitanUltraでGeforceが革新したとしても、その能力が高い分、値段は上がる。当然「またか」という話になります。
やはり最終的に出てくるのは「コストパフォーマンス」がいかに優れているのかという消費者意識だとは考えられないでしょうか。
Teslaが25万以下で喜ぶのは、開発者だけです。一般消費者は
10万でも高すぎるとレビューするでしょう。そこのボーダーを見切って出すグラボの売れ方と見切らず突発的に出したグラボの売れ方は天と地の差があると思います。
重要なのは性能であり、価格なのです。片方に寄り切った物は
売れません。それの意味するところは、「客」が賢くなったという変化です。効率と性能、そして価格を重視した難しい製品を打ち出しているブランドが勝ち続けます。そのブランドとは、グラボ市場においてはRADEONであると多勢である一般消費者の中で広まりつつあるのではないでしょうか。
【 2013/08/25 】 [ 編集 ]
まとめると、コストパフォーマンスが高いのが売れる。
ってことですね。
【 2013/08/26 】 [ 編集 ]
ん、コスパで考えるとGTX760であったり、650ti boostがベストチョイスな気が...。電力効率は悪いですが。
それ以外のクラスではRadeon有利ですが。確かにドライバも安定してきましたよね。
Nvidia的にはGTX760tiを発売した方が儲けられそうなんですけどね。
余程トップが欲しいんでしょうねw
【 2013/08/26 】 [ 編集 ]
いえ、ミドルグレードとかの値段帯の話ではなく
コストとパフォーマンスです。
ハイグレード、ミドル、エントリー
全てのグレードにおいてのコストパフォーマンスです。
パフォーマンスをコストで割れば値段帯は関係ありません。
もちろんビデオカードにどこまで投資できるかの
問題があるのですがそれはコストパフォーマンスとは
別の話です。
【 2013/08/26 】 [ 編集 ]
色々とズレこんでいる感じがありますよね
先走り過ぎたnvidia 安定を選んだradeonの差がここで出てきたってことですかね
どうもtitan出した当たりから覚悟決めてたと思ったらそうでもなかったし・・・
【 2013/08/27 】 [ 編集 ]
GTX790はVRAMだけ増加してくれればチップは680相当(クロック低下で670相当)、少し性能が上がって770相当がデュアルになってくれれば文句なしです
11万円ぐらいで2枚22万円でも買いますけどね
4GBは過剰ですからMODもっても大丈夫な3GBあれば迷わず買います。
TITANはただでさえ高い、VRAMを6GBとか過剰にも程があるほど搭載し、そのせいで値段が上がり、ゲーム用には使えないという本末転倒でビデオカードとしては使えませんからね。
性能は680の4割アップなのに値段は2倍というひどい高額ですから。
デュアルタイプの場合は性能面でもwindowsの認識限界の4GPUプロセッサとSLIブリッジが1本であるので2枚クアッドSLIが限界ですね
12万円×2で24万円ぐらいで収まってくれればいいんですが。
TITANULTRAはシングル最強でしょうから、最大で3wayまたは4wayにしないといけないでしょうし、シングルでは不満な人も多いでしょうから、15万円クラスを2枚30万円というのは避けられません。シングルで最強でも2wayのSLIに負けるわけですから、最強でも2wayで考えるという人が多いでしょう。
【 2013/08/27 】 [ 編集 ]
んー。値段の話ではなくコスパの話をしていたのですが^^;
ハイエンドがコスパ悪いのは当たり前ですし、ミドルクラスやエントリークラスはコスパ重視ですし、全て含めて考えてしまっては意味がないのでは?
Titanを購入する方は限られていますし、Titan自体そんな数ないですし。
最高クラスのGPU買うなら十万超えても出でしょう。
また、今現在なら650ドルでTitan廉価版のGTX780を選ぶのが良案。
同価格帯のRadeon HD 7990は、699ドルで「FPS」で考えればGTX690に匹敵、Titanは安定して上回り、非常にコストパフォーマンスは優れてますが、実際のフレームレート問題やらCFの弱点やら消費電力の問題があり、全てが優れているとは限りません。
その辺のことはAMDもよくご存じだと思われますし、GTX780の真の対抗としてシングルGPUのHawaiiをリリースするわけですよね。

・・・と購入しない層の者が言ってみる(笑)
やはり一般の人が購入できるクラスは3万円前後が限界です。。。
いや、一般の人はAPUやエントリークラスで我慢?

まぁ、NvidiaもGTX790やTitan Ultra以外にもGTX760TiやGTX750を出すと思いますけどね。20nmは遅れるらしいですし。
【 2013/08/27 】 [ 編集 ]
コメントを頂いた皆様。

総意では皆様のコメントされた通りだと思っています。
細かいところは個人の認識の差なので
各人で補完して頂けたらと思います。

【 2013/08/28 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。