元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SAMSUNG 840EVO SSD

発売して少し経ちましたが
ゲーム用にと思って
840EVO 120GBを購入。

samsung_840_evo_ssd.jpg


このSSDが他のメーカー、モデルと違うところの一つは
専用ユーティリティソフトで
「RAPID MODE」というモード。

メインメモリの一部の容量をキャッシュデータとして使用する。
ということ。
発売前のプレスリリースなどでベンチが計測されており
その仕組の通りRAM並の速さが出ていたのが
とても気になっていたので購入。

私のSSDの購入を決める基準のひとつは
プレスリリースなどで掲載されているパフォーマンス値が
私達、エンドユーザーでも手間を掛けなくても
メーカーの公称値に近いパフォーマンスが出せることです。

特殊な環境や設定じゃないとそのパフォーマンスが出ない製品は
信用できません。

というわけで、1000MBのランダムテストをポン付けして
専用ユーティリティでRAPID MODEをONにして
計測してみました。

840EVO120.jpg

ちゃんと公称値が出ています。
まあSSDの速さというよりメインメモリの
キャッシュの速度がそのまま出ている感じでしょうか。
(RAMDISKよりは遅いですが)

とりあえずしばらく使ってみようと思います。

RAPID MODE導入は専用のユーティリティをインストして
設定でONにするだけです。

※ただし複数のEVOが搭載されているPCでも
RAPID MODEにできるのは一台のEVOのみになります。

導入時点での印象は良い感じです。


↑120GB


↑250GB




スポンサーサイト
【 2013/09/04 (Wed) 】 CPU、メモリ、HDD関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。