元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nvidia 今後のドライバーでMantleの性能を抜く可能性が。

Nvidia’s Upcoming DX 11 Driver Fares better than Mantle API –
Benchmark Slides Show Surprising Results


WCCF Techのみのソースなのですが気になったので。

ここで掲載されているスライドは
Nvidiaが今度計画しているドライバーアップデートでの
R9-290X&Mantleとの比較ベンチマークです。
10151614_10152287088300049_1135428562_n-635x357.jpg


テスト機器はi7-3930K 8GB RAM 780Tiになり
ドライバーのバージョンが3種類(R331、R334、New)
現行のNvidiaのドライバーはWQHLのもので335となります。

Nvidiaは今後のDriver(Newのやつ)ではこのグラフの様に
Mantle版の290Xより優れたパフォーマンスを出すかもしれません。
比較されているソフトはStar Swarmと最近Mantleに対応したThiefです。
3FPSくらいの差ですがパフォーマンスを上げてきています。

次のスライドは各API部分のパフォーマンスを測定したグラフです。
DirectX-11-API-Enhancements-635x357.jpg
いくつかのAPIではパフォーマンスの大幅な向上が見られます。

所感
このソースの出処がわかりませんが
AMDがMantleを出すためには、対応したハードウェア、対応したソフト、対応したドライバー
の3つを用意してやっとMantleが実装されるのですが
NvidiaがMantleよりも優れたパフォーマンスを出すのに、ドライバーだけで実現できるものなのか?
そしてそれが真実であれば、なぜ今なのか?

いずれにせよ、疑問点はありますが
現時点で問題を提議してもソースが微妙なので
この程度にしておきましょう。

また元記事の最後の方にIntelのCPUでの単精度の比較グラフがあるのですが
これは当然の結果であって、取り上げるまでもない情報なので割愛しています。

ドライバーアップデートでこれだけパフォーマンスがあがれば
とても楽しみですね。

Nvidiaは結構リップサービスが多いので
期待せずに待ちましょう。
スポンサーサイト
【 2014/03/24 (Mon) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。