元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MSIから次期チップセットZ97、H97の写真がリーク

5月10日(日本では11日かな?)に
新CPUのHaswell Refreshと同時に発売が予定されている
新チップセット

Z97、H97の写真がMSIからリークされました。

MSI Z97 Motherboard Gaming Lineup Leaked –
Includes Flagship Z97 Gaming 9 AC and Mini-ITX Z97I Gaming Boards



Z97-Gaming-9-AC-Top-635x508.jpg
MSIはGamingシリーズとして9、7、5、3の4種類のZ97と
H97では1種類を発売する模様。あとITXサイズでZ97を1種類。
写真は最上位の9AC
オーディオチップ部分には金属製のシールドで覆われている。
またバックパネルのIOパネル部分も覆われている
KillerLANや802.11ACも搭載されている
価格は$249-299程度



Z97-Gaming-3-Top-635x508.jpg
こちらはGamingのZシリーズで一番下のモデル

MSI-H97-Gaming-3-Motherboard.jpg
こっちはH97

現行の87シリーズとほぼスペックと一緒だが
97シリーズではSATAの新規格として
次世代スロットのM.2スロットが装備されている。

m2slot.jpg
M.2スロット(青枠の部分)はPCI-Expressレーンを使用
第1世代はPCI-Express x2の帯域を使用し
最大20Gbps(2000MB/sec)まで達っします。

M.2規格のSSDは下記のような基板タイプになります。
samsung-xp941-ssd.jpg
三種類の長さがあり、容量によって違ってきます。

現時点で純粋なM.2規格のSSDの単体販売は行われていませんが
PlextorがPCI-Expressカード型のSSDを販売を開始しています。(下記写真)
Plextor製PCIe SSD「M6e」の512GBモデルが登場
via AKIBA PC Hot line

in1.jpg
M.2スロットのSSDをPCI-Expressカードの土台に装着するかたち。

今後、新マザーに合わせて
M.2タイプのSSDが各社から発売予定だが
価格はまだわからない。
ちなみに上記のPlexterは128GBで23000円程度と通常のSSDの倍以上の値段。
また最初の世代は1000MB/sec基準で開発されている模様。

いずれにしろ、現行のSATA SSDをM.2の形にしただけではなく
高速なインターフェイスに対応させるために
NANDやコントロールチップやファームウェアも
M.2の高速環境に合わせてチューニングしたものが使われるので
通常のSATAタイプのSSDより高額になると思われる。

M.2スロットは
ハイエンド向けをターゲットにしてるかと言えば、そうでもなく
H97のマザーボードにも搭載されているので
比較的低コストで搭載できると思われる。
なのでやすいエントリーグレードのマザーでも
M.2スロットが搭載されれば
あらたにM.2スロットのSSDというマーケットが
拡大するかもしれない。

速度的な体感は、そう感じられないかもしれない。
ただ、M.2規格はUEFIでも従来のBIOSブートでも、ドライバ無しでのブートにも対応しており
導入のしやすさは良いと思われる。


【 2014/04/15 (Tue) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。