元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

COMPUTEX 2014 No,1

というわけで、今年もこの時期がやってきました。
本日から台湾の台北市にて世界最大のPC関連のトレードショーの
COMPUTEX 2014が開催れます。

各PCパーツメーカーは新製品や新技術を発表します。
ここ数日は海外ニュースサイトからのCOMPUTEXネタをクローズアップしていきたいと思います。

とりあえず速報的な感じで製品の簡単な紹介と
発売時期と、値段がわかればどんどんぶっこんでいきたいと思います。
時期と値段が買いてないのは、記載されていないと思ってください。
順番は特に決めていません。
記事として挙がっているものから行きます。


Phanteks
水冷専用ケースでだしたEnthoo PrimoにMiniが登場。
34a.jpg

注目すべきはATXサイズですが電源の位置がマザー上部で縦置きに設置
普通のケースならシャーシフレームがリベットで固定されているのに対しこれは
ネジ固定でシャーシの分解が可能。
小さくなったものの水冷を意識しておりラジエーターの配置のバリエーションは多い。
名前はMini XL
Miniの割にはXLなのでミドルタワーでも大きさは通常のミドルタワーより大きいですね。

Noctuaから、もさもさファン
40b.jpg
40a.jpg
もさもさ、もさもさもさもまもsまおmそあmそあmそあさ

是非写真をクリックして大きいサイズで見てみて下さい。
ファンの表面にモサモサ加工を施したファン。
記事によると、ファンブレードやフレームの内周部分をモサモサにすることによって
より風をつかむようになり、同回転数でより多くの風量を得ることができるみたい。
考え方としてはブレードにディンプル加工をしたゴルフボールみたいな表面加工と同じ。
実際に発売されるかは不明。一応コンセプトモデルということ。
ちなみにこのモサモサ加工はベロアのシートを貼るのではなく
特殊な塗料を塗布し、静電気で塗料を毛羽立てて塗装する方法らしいです。

Corsair 電源ユニット HXシリーズでも「i」モデルが登場
Corsair_HX1000i_01.jpg
i モデルはAXシリーズで既発ですが、電圧制御にPWMのデジタル回路を
用いて、より安定した電圧供給を目指したモデル。
今回はHXモデルでも登場。
ケーブルは全てフルプラグインモデル
Corsair Linkに対応
80PLUSはPlatinum
100%日本製コンデンサで105℃耐久モデルを採用
低負荷時にはファンが停止するサイレントモード

モデルラインナップと価格はこんな感じ。
HX750i 750 watt: $169.99
HX850i 850 watt: $189.99
HX1000i 1000 watt: $229.99
登場時期は7月予定。
OEM元は不明。
ちなみにAXの「i」シリーズはFlextronix社製

とりあえず、その1はこんなかんじ。
まだまだあるのよね・・・





スポンサーサイト
【 2014/06/03 (Tue) 】 速報!! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。