元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今更だがZXRのオペアンプを変えてみました。

んまあ、かなーり今更感がありますが
使用しているサウンドカード
Creative Sound Blaster ZXRのオペアンプを交換してみました。

DSC_0005.jpg
↑無加工なのでクリックするとでっかい画像が開きます。
交換後の画像

ZXRのオペアンプは4つ
デュアル回路のオペアンプが2個(画像の左側2個)
シングル回路のオペアンプが1個(画像の右側2個)

私は普段、スピーカーではなくヘッドホンを常用しているので
色々調べると、ヘッドホンの回路は画像の右側2つの
シングル回路のオペアンプを利用する模様。
実質的な作業は、金属カバーを外して
既存のオペアンプをソケットから抜いて交換するだけですが
何度もやるのが大変なので
4つとも交換しました。

交換したオペアンプは
MUSES01(シングル回路)
バーブラウン OPA627BP(デュアル回路)

交換したあとに色々聞いてみたんですが
まあ、

「んー、変わった気がする!」

って感じ。
正直、劇的な変化は無いです。

ココらへんは、デフォルトとオペアンプ交換済みの
を切り替えながら聴けば解ると思いますが
難しいですね。

ただ、交換して数時間、ゲームやら配信しながら
いつも聞き慣れたBGMを流していると
今までと明らかに違う、音の鳴り方をしてるのが
感じられました。

中音域の音の解像度があがり
より細かく音が聞こえるようになったと思います。

まだ交換して数時間程度なので
結論をだすには早いと思いますが
オペアンプの交換は最後の部分かと思います。

ヘッドホンやスピーカーを納得の行くモデルまでアップグレードして
他に弄るところがない、あとはリケーブルくらいとか
その辺になって初めて交換してみるものかと思いました。
オペアンプは安いのから高いのまでありますが
ここらへんまで追い込みたい人は
それなりにオーディオに投資できる人が多いので
いろんなBlogをみても、高額なオペアンプを使用してる事例が多いです。

まあ、ここらへんがオーディオ泥沼の判断材料になるかなと。
オペアンプに数万円かけて、微細な音の違いに価値を見いだせる→泥沼
逆に、微細な変化だけど数万円のコストは見合わない→泥沼回避

こんな感じでしょうか。


スポンサーサイト
【 2014/07/02 (Wed) 】 元バイヤー的な解説 | TB(0) | CM(1)
いつも放送を楽しませて頂いておりますm(_ _)m

自分もZXRのオペアンプ交換して楽しんでおります^^
新品オペアンプであれば
しばらく再生したままにしてエイジングするとまた違う感じになって来ます^^
ノーマルとの違いがハッキリしてくる感じでしょうか^^
【 2014/07/05 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。