元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GTX980の写真がリーク リファレンスデザイン

リファレンスデザインのGTX980の写真がリークされました。

Only at VC: NVIDIA GeForce GTX 980 pictured


まずは写真を見て行きましょう。

NVIDIA-GeForce-GTX-980-Front-Picture.jpg
基本的な構造は780TiやTitanのクーラーと同じ感じ。

NVIDIA-GeForce-GTX-980-vs-780-Ti.jpg
若干変わったのは、DVIコネクタの基板側の部分が
はみ出していたのを覆われている。

NVIDIA-GeForce-GTX-980-Back-Picture.jpg
980にはバックプレートが装備される。
このプレートは補助電源部分のエリアだけ取り外しが可能になっているが
なぜ取り外し可能になっているのかは不明。

NVIDIA-GeForce-GTX-980-PCB-Front-Picture.jpg
GTX780Tiとの比較した基板写真。解りやすく箇条書き。

・補助電源は6+6pinになっている。(もちろん6+8用の半田パターンも隣に見える。)
・6+6の補助電源なので225Wの供給能力
・ただし980は元々TDP180Wと言われてるので、6+6でも充分な余力がある。
・VRAMはSamsung K4G41325FC-HC28 4Gbの256bitを8枚実装(クロックは最大7Ghz)
・基板裏には当然、VRAMの空きパターンがあるので上位グレードの8GB版も登場する予定
・VRMの数は5個、780Tiが6個だったのでより省エネになっているのが伺える

今回の900シリーズからNvidiaは出力インターフェイスのレギュレーションを変更すると言われており
今まではDVIx2、HDMIx1、DPx1という構成だったが
DVIx1、HDMIx1、DPx3という最大5出力までに対応する、
またHDMI規格も最新の2.0になる予定で4K2Kでの60FPSにも対応する模様。
コネクタ側の写真が無いが
基板裏面の写真を見ても980はDVIのパターンが1個になっており
変更されている可能性が高い。

NVIDIA-GeForce-GTX-980-PCB-Back-Picture.jpg
裏側。
補助電源のパターンが8+8まで用意されているのがわかる。

考察
Maxwellになり消費電力が下がり、基板上に実装されるパーツも
VRMを減らしたり6+6になったりしている。
基板自体は780Tiとは別の設計されているが
コンデンサの位置やVRM周辺のデザインは非常に似ている。
電力的に消費が下がるのであれば、基板の設計は
従来の780Tiなどのデザインを元に実装パーツを削減し
空いた部分を詰めていくので
比較的、設計にかかる時間やコストを安く上げることができる。

またWCCF Techでは
GTX970の最新の価格情報ではリファレンスがUS349で
オリジナルファンがUS$399になるという噂が出ている。
もしこれが本当であれば、GTX970は
非常にコストパフォーマンスが良いモデルになるかもしれない。
(原文ではdeal Breakerという過激な表現になってる)

でも日本国内の価格は・・・
スポンサーサイト
【 2014/09/15 (Mon) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。