元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GTX900シリーズのネタは終了。ちょっと追記

既に、価格やら性能も、でつくしたので興味が急激に薄れてきました。

特徴をあげると。
お勧めところ
・GTX660くらいの消費電力で780近辺の性能が得られる。
・ただ性能は780TiOCからは5%程度の性能上昇
・ワットパフォーマンスはとてもいい。
・初回の値段がやたら高いので、価格改定をくらう可能性が高い。

ちょっと気になるところ
・リファレンスクロックが高いのでOCモデルは発熱&価格が気になる。
・海外のMSRPが$549なのに対して、やはり国内価格が8万近辺は高い
・消費電力は低いが、発熱に関してはアイドル、負荷時でも
780クラスとほぼ同じ温度分布。


内外での価格差が相変わらず酷いので
魅力が半減されているのがきつい。
(当初の7.5~9万の販売価格を急遽7~8万代
に変更が入る程度にNvidiaの価格統制が入る。)

28nmの歩留まりは2~3年目に突入してくるので
最高レベルなはず。製造コストも非常に安く上がるはずなのに
この強気の価格は舐められてる。

あとはボリュームゾーンである960とRADEONの動き。

とくにRADEONが価格改定を更に行えば
思慮が浅いNvidiaもホイホイ価格を下げてくるのは
充分にありえる。

またRADEONが20nmを生産するかはわからんけど
300番代を出してきたら、900シリーズは
すぐさま価格改定を行うだろう。
前述の通り利幅が多いので値下げはしやすい。
そんでいくらか980の値段を下げたところで
980Tiあたりを追加投入してくる。
というか
300に対向するために
各グレードでTiが出てきそうな予感。

780からの買い替えは鈍いけど
新規でハイエンドを初めて買う人にはいいかもしれない。
ただし、Nvidiaは20nmをスキップして16nmまで
新世代を出さない予定なので
急な価格改定や、Tiシリーズの急遽投入
など、長い目で見ると、マイナーチェンジや
新モデルナンバーによる変化があるのを覚悟しないといけない。

あとはリファレンスの製造がいつまで継続されるのか
要求電力が低いのであれば、オリジナル基板を出しやすいため
780Tiと同じように、リファレンスは初回生産で終了しそうな気がする。

初めてハイエンドを買う人。
500番代、600番代から買い換える人には
価格さえ下がればお勧めなカード。
消費電力が少ないので電源ユニットも大容量じゃなくてもいける。

あとは後発の960がどうなるか。
400Wの電源でも対応できそうな感じになりそう。
スポンサーサイト
【 2014/09/18 (Thu) 】 板もの系(VGA、MBなど) | TB(0) | CM(1)
価格に対しては全くこれ以上の同感はないね、
おまけに急激の円安で個人輸入も踏みとどまる。

取り敢えずAMDの発表まで様子見か、台湾から直接送ってもらう・・・(´・ω・`)
【 2014/09/22 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。