元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nvidia G-Syncの囲い込みのためにDisplayPort1.2aを除外?

記事にしようか、迷いましたが
元記事のコメント数が100を超えて話題になっていたので書いてみます。

以前このブログでも紹介したNvidiaのG-Sync機能。
ティアリングという症状を解消するためのNvidiaの独自規格の機能。
それが今、話題に・・・


gsync.jpg
G-Syncの機能は、上記の過去記事を読んでもらえば解ると思います。

Nvidiaが今年の1月ごろに発表したティアリングを解消するための技術G-Syncですが
その数ヶ月後にディスプレイの規格団体VESAがティアリングを解消するための技術
「Adaptive-Sync」を1.2aから実装すると発表。
それに伴いAMDもFree-Syncと銘打ってVESA規格のAdaptive-Syncに対応する
ビデオカードを今後展開することを表明。

ここで、大きな差が生まれてくる。
VESAのAdaptive-Syncはロイヤリティー(ライセンス料金)がフリーである。
つまりDisplayPortを搭載するモニターメーカーやビデオカードメーカーは
Adaptive-Sync対応のDisplayPort1.2aを採用しても一切のライセンス料金が発生しない。
しかし
NvidiaのG-Syncはモニターの中に
約150$程度するG-Syncチップを搭載しなければならない。
しかもライセンス料金では無く、G-syncチップ自体が高いので
融通が利かない。
(ライセンス形式であれば、契約時に一括でライセンス料金を払って
後は製造側が、どのモデルに採用するかを決められます)

ここまでは、この2つの規格が発表された時に
散々話題になってG-Syncは高すぎるよなーって感じでした。

が、ここに来て話題に上がったのはGTX900シリーズ。

NVIDIA Sacrifices VESA Adaptive Sync Tech to Rake in G-SYNC Royalties

今回900シリーズでは今までの出力形式を一新して
HDMIも最新の2.0に対応し
インターフェイスもDVIx1 HDMIx1 DPx3と新しくなり
900シリーズから同時出力数も増え、
この方面では最新のニーズに対応しているのですが
DisplayPortは1.2aではなく1.2を採用しています。

この部分である。
これは書き方で印象が違って来る

NvidiaはG-Syncという独自規格があるので
意図的にAdaptive Syncに対応するDisplayPort1.2aを除外しているのではないか。

違った見方をすれば
Nvidiaは自社の規格を拡充するのでライバル規格を搭載しないのは
企業戦略として当然である。

といったような感じで記事元ではコメントが盛り上がっています。

まあ、1.2a対応のカードがでてきて
モニターも対応品(DELLからは既に出ている)が普及してくれば
G-Syncは不要になりますわな。

ついでに
AMD側からのAdaptive Syncの導入しやすさなど
説明している記事
(via 4Gamer)
もあるので双方を理解したい人は是非一読を。
スポンサーサイト
【 2014/09/27 (Sat) 】 PCニュース | TB(0) | CM(5)
FreeSync発表時にAMDへツッコミが入っていた件の
「ノートPCでしか恩恵ないじゃん」というところを
Adaptive Syncで解消できたのが大きいみたいですね

FreeSync時代ではeDP(embedded DisplayPort)限定だったため
dGPUでは利用できなかったのだけれども

VESAに組み込んでもらうことによって
DisplayPort 1.2aからはdGPUで利用可能となったと
(ただしディスプレイ側のファームウェアでの対応は必要)


こうなると今後のディスプレイ・グラボ選びは
DisplayPort 1.2a対応であることが
焦点になってきますかね
(ディスプレイがAdaptive Sync非対応でも1.2aならファームアップで対応可能)


Nvidia G-SyncがDisplayPort1.2aでなく
DisplayPort1.2で囲い込み路線となると
状況の周知次第では大敗北しそうな未来も。。。

HW的には1.2aサポートしつつもファームで制限しておいて
G-Sync開発コスト回収後または白旗あげる際に
ファームアップでAdaptive Sync対応できるようにするのが
Nvidiaが取るべき策な気もします

Adaptive Sync対応後には
「Adaptive Syncと見比べてよ」
「G-Syncの方が素晴らしいでしょ」
という実質的・技術的根拠を示せることが前提に成りますけれど


意固地な囲い込みだと
ベータマックスやHD DVDのような規格抗争をなぞって
G-Sync開発コストがパーになりかねない背水の陣になりそう
【 2014/09/27 】 [ 編集 ]
以前NviがAdaptivesync対応を約束したというような話を聞いた気がするけど…
【 2014/09/27 】 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
元々ティアリングという症状自体が
物凄いやっかいに思われてないところもありますね。
殆どの人は、そこまで気にしておらず
ティアリングがどういう症状かを説明して
「ああ、そういえばそんな症状を見た気がする。」
程度だと思うので、市場的には小さいかもしれませんね。

【 2014/09/27 】 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 以前NviがAdaptivesync対応を約束したというような話を聞いた気がするけど…

http://wccftech.com/nvidia-promises-support-freesync/
この話だと思いますが、記事が投稿された数日後に
更新され、その噂を否定するようなステートメントがあったため
「やっぱりNvidiaはG-Syncを進めて、FreeSyncを採用する気は無いようだ。」
と追記されています。

【 2014/09/27 】 [ 編集 ]
FreesyncとG-syncが性能的に同じものなのか、それとも何らかの違いがあるのかがいまいちわからないんだよな
【 2014/09/28 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。