元バイヤーのBlog beta

ニコ生 元バイヤーのBlog
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年末はゲームラッシュ!

夏休みも終わり、暑さも和らいできています。

さて、今年の年末はPCゲームの大作ラッシュです。
11月のBF3を始め、ゲームのためにPCを新調される人も多いですね。
ここ最近はBF3ばかりが話題になりますが、他にも面白そうなゲームが
でますので、トレーラーでもベタベタ貼って行きます。

Battle Field3

リスナーさんでたまに、Battle Field Bad Company3と言う人が
いますが、Bad Companyシリーズは本来Battle Fieldシリーズのスピンオフ作品なので
11月にでるのはメインのバトルフィールドシリーズになります。
ただしBattle Field2以降メインシリーズは近未来戦の2142以降は出ておらず
その間にXboxなどのコンシューマー向けに少人数向けのBad Companyシリーズがスピンオフ作品が
でました。時系列的にはPC版ではBFBC2が現時点で最新になるので
BF3もBFBC2のFrost Biteエンジンを元に作られています。
またBF3はXbox360、PS3版もでますが、開発はPC版を基本に開発されており
マルチプレイの対戦人数もXbox、PS3が16vs16なのに対し、PC版は
32vs32となっており、グラフィックもPC版をいくらか劣化させて
コンシューマーゲーム機に対応させています。
なのでBF3を堪能するならPC版が断然いいのです。
発売日は日本は11月2日になります。

Call of Duty Modern Warfare3

11月8日に発売予定、Steamにて展開することが発表されています。
今日のニュースでは32人対戦が可能がリークされました。個人的にはCoDシリーズは
マルチプレイを楽しむゲームではなく、シングルプレイでストーリーを楽しむゲームだと思っています。
CoDシリーズをプレイされた方は御存知の通り、まるで映画のような演出で
ミッションによっては実際のニュースで流れる戦争のVTRかと
見間違うほどの演出もあり、新作の度にドキドキしながらプレイできますね。
こちらもBF3と一緒に買われる方が多いのではないでしょうか。

The Elder Scrolls V: Skyrim

こちらは戦争ものゲームではなくシングルRPGの大作です。
前作はオブリビオンで今回はその新作。と言えばピンと来る人も多いのでは?
作品的にはThe Elder Scrolls(以下TES)シリーズという物語をベースに作られているゲームで
初代のTESは1994年にMS-DOSのゲームとして開始され
その後10作品以上でており、有名になったのはTES3のMorrowindでXboxとWindowsで、
その後はオブリビオンではグラフィックの綺麗さ、プレイスタイルの自由度
たくさんのMODがファンにより生み出され、今までTESシリーズを知らなかった人も
まきこみ、発売後数年たっても遊び続けられています。
TESはその物語の膨大なボリュームの書物、様々なNPCと仲間になったり敵になったり
自由度がとても高く次回Skyrimでは全てのNPCと結婚(同棲を含む)できるとも言われています。
PCスペックの要求値はとても高くBF3よりも高スペックを要求されるでしょう。
シングルRPGゲームはマルチプレイでのネットワーク負荷を無視できるので
極限まで美麗なグラフィックで開発されます。
『The Elder Scrolls V: Skyrim』は2011年11月11日に北米発売予定。
日本でも2011年の発売が予定されています。
BF3やCoDでドンパチやるのが飽きたら、重厚なファンタジーの世界に
一人でどっぷりハマるのも良いと思います。

Dust 514

世界で一番遊ばれているMMOというとWorld of WarcraftEVE onlineですがDust514は
このEVE Onlineのスピンオフ作品。EVE onlineは広大な宇宙で覇権を争う大規模なMMOですが
Dust514はそのEVEの世界で惑星を征服するときに、地上を制圧する部隊に焦点を当てた
MMOタイプFPSになります。MMOなので幾つかの星系をかけて惑星を制圧していく部分を
MMOスタイルにし、幾つかの陣営がありプレイヤーはそれに所属し惑星を制圧していくという
プレイスタイルになります。過去に似たようなスタイルとしてはPlanetSideがありますが
今回はメイン作品のEVE onlineとの戦況に密接に連動するらしく
この取り組みはとても興味をそそられます。BF3などのサーバーに入ってドンパチやっても
成長するのは自分のキャラの装備やランクぐらいですが、このDust514は勝てば
EVE Onlineの戦況に反映され、何十という惑星の占領合戦になり
大きな戦局を自ら戦うことでそこに参加できるのは他のマルチプレイゲームにはないものがあります。
 メインのEVE Onlineはオンラインゲーム運営のネクソンが日本でのライセンスを取得し
年内にEVE online日本語サービスの展開にむけて動いています。
こちらも楽しみです。Dust514は年内に発売と言われていますが
EVE onlineとの連携があるので若干遅れるかもしれませんが発売されれば
またニュースで大きく注目されるタイトルとなるでしょう。

Assassins Creed Revelations

Revelationsで4作目になるアサクリシリーズ。
最近3作目のBrother hoodをぷれいしましたが3作目から一気に化けました。
ローマの街を育成し、仲間を誘い暗殺集団を立ち上げ
その仲間も育成し、装備アイテムも街の発展に密接に関わり
トレジャーハントの要素ももりこまれて操作性やアクションの爽快さも
絶妙なバランスになり、私自身3週も遊んでしまった作品。
1,2作目では普通のステルスアクションゲームだったのが
3作目で大化けし、あまり興味がなかった私も4作目が楽しみになりました。
『Assasin's Creed: Revelations』はPC/Xbox 360/PS3で2011年11月15日に北米発売予定。
また同年冬には日本でもXbox 360/PS3版が発売となります。
PC版では日本語版はでませんが、3作目を英語版でやった感じでは
クエストもわかりやすく、システムも基本はアクションなので英語が苦手でも
楽しめると思います。またPS3やXbox版は日本語版がでるので
クエストなどがわからなくなったら日本語wikiで調べれば大丈夫です。

Hawken


ロボット系FPSは過去にもPCではいろいろありましたが
いずれもバグや操作性でこけているものばかり。
このHawkenはインディペンデント系の会社の作品。
インディペンデント系ということで少人数で運営してるのですが
それでいてこの映像クオリティ。詳細なリリース時期などはまだ未定ですが
こちらのサイトでは実際の対戦の様子などが公開されており、世界観といい
ロボットの挙動といい期待せざるを得ません。

Ghost Recon: Future Soldier

しばらく出ていなかったGhost Reconシリーズ。
最新作Future Soldierは本来は今年の11月に発売予定だったのですが
BF3やCoD:MW3や同社UBIののアサクリの新作にかぶるため急遽2012年に発売が延期された作品。
光学迷彩はSFすぎるが、それ以外のデータリンクシステムやアームスーツなどは
すでに米軍でも実機が存在し実戦配備に向けて開発が進んでる技術。
近未来の戦闘システムを駆使し、スタイリッシュな演出がこのトレーラーでもわかります。
RainbowSixシリーズなどで有名な小説家のトム・クランシーシリーズとして展開しますが
トム自身は名前だけ貸してる感じだけど、彼自身の小説では
この近未来の戦闘システムが小説の中でも詳細に描かれており
いちファンとしてはとても気になります。彼の作品を読んでいると
メタルギアの設定がいかに稚拙かわかるんですよ!
ちなみに映画ではレッドオクトーバーを追え、パトリオット・ゲーム、今そこにある危機などの
原作者です。

TorchlightII

前作をプレイした人もいるかと思います。
Diablo系のゲームと言えばわかりやすいと思います。
このジャンルはハック&スラッシュ系と言われています。
一作目で人気がでたのはSteamにて$19という値段の割には
出来がよく、小気味よいアクションと操作性で人気が出ました。
本二作目も$20と低価格になっておりSteamでの販売も決定しており
おそらくクリスマスセールや予約特典としてさらに安く販売される限定的なチャンスもあると
予想されます。マルチ非対応ではないですが、気軽に一人で遊ぶにはもってこいの
カジュアルさだとおもいます。

Diablo3


年内ではないですが、おそらく来年中にはでると言われているDiablo3
9月からベータテスト開始らしいですが、発売されれば世界中で売れまくる
Bllizard社のゲーム。とても楽しみです。
グラフィックも綺麗ですがBllizardのゲームは特にサウンドのクオリティの高さ
アイテムを拾うときの音やスキルを発動するときのエフェクト音など
とても凝っていてゲームを盛り上げています。


さて、いろいろ紹介しましたが
ゲーム代だけでもかなりの金額になりそうな予感。
PCパーツもそうですが、ゲームのためにもお金を残しておかないとね!
いくらPCパーツをアップグレードしても
ゲームを買うお金がたりないのは悲しいですね!
スポンサーサイト
【 2011/08/30 (Tue) 】 BF3、ゲーム関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:motobuyer
ニコ生で配信をしております。
夕方18時くらいから深夜くらいまで配信しています。

↓フォローすれば記事更新時にツイートします。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
オススメショップ





QRコード
QR
検索フォーム
Hulu


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。